税金の滞納が住宅ローン審査に影響?関連性と対処法とは?

税金滞納と住宅ローン審査


「税金の滞納があるけど住宅ローンに申込みたい!」



そんな悩みを抱えているあなた、審査に影響があるかどうか心配ですよね。



実は、住宅ローンの審査と税金には強いつながりがあるのです。



この記事では税金の滞納と住宅ローン審査の関連性と、その対処法について説明します。







税金の滞納があると住宅ローン審査は絶望的




税金滞納審査は絶望的


結論から書きますが、税金の滞納があると住宅ローンの審査には確実に落ちると言えます。



銀行は住宅ローン審査の際、あなたが税金を滞納していないかどうか確実にチェックします。



住宅ローン申込みの際には「納税証明書」という書類の提出が必要となります。



その納税証明書を見れば、あなたの税金の滞納額は一目瞭然なのです。



税金を滞納していることが銀行側にわかってしまえば、住宅ローンの審査に通ることは絶望的になります。



なお、サラリーマンの場合所得税と住民税は給与から天引きされている方がほとんででしょうから、納税証明書の提出が求められないケースもあります。



なぜ税金の滞納がチェックされるのか?




まず第一に「税金すら払えない人が、しっかり住宅ローンを完済できるのか?」という疑問が生じるのは当然のことです。



もう一点、滞納税金の支払いは何よりも優先されるという問題があります。



例えば税金と住宅ローンを両方滞納していた場合、債務者の財産は税金に優先的に充当されてしまうのです。



要するに、住宅ローンで購入した家を担保として差し押さえられた場合、競売で得られた金額は税金の支払いに充てられることとなり、住宅ローンは不良債権となってしまうということです。



これらの理由から、税金の滞納が銀行に知られてしまった場合、住宅ローン審査で落ちる可能性が高くなるのです。







過去の延滞は影響しない




「数年前に税金の支払いが遅れたんだけど、それも影響するの?」



誰でもうっかり税金を滞納してしまう可能性があります。



そんな過去の滞納も住宅ローンの審査に影響するのか、気になりますよね。



結論から言うと、過去の滞納は審査には影響しません。



納税証明書に記載されるのは滞納分の税額だけなので、提出書類から過去の滞納が判明することはないのです。



税金だけじゃない!社会保険料の滞納もアウト




社会保険料滞納と住宅ローン審査


税金は支払っているけど、国民健康保険を滞納しているという方もいるでしょう。



この国民健康保険料の滞納も住宅ローンの審査に影響するのでしょうか?



残念ながら国民健康保険の滞納は、住宅ローンの審査に影響します。



国民健康保険料を滞納していると、保険証が通常の保険証とは違う「短期保険証」というものに変更されてしまうのです。



住宅ローン審査の際には保険証の提出が必要なので、その短期保険証を提出することで銀行側に滞納がバレてしまいます。



国民健康保険の場合も税金の滞納と同じように、住宅ローン返済の能力がないと見なされてしまうため、審査に通ることは厳しいと考えた方がよいでしょう。



対処法はある?




基本的に抜け穴はないと考えてください。



滞納している税金や国民健康保険がある人は、しっかり完済したうえで住宅ローンの審査に臨むようにしましょう。



クレジットカードの滞納と違い、税金の支払い情報は必要書類でチェックするしかありません。



したがって、「現在滞納しているかどうか」しか銀行には伝わらないため、支払いさえ済ませてしまえば後ろめたいことはないのです。



この記事は以上となります。



住宅ローンの審査に通りたいのであれば、支払うべきものは全て支払うように心がけましょう!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ