家を建てることを検討している方は、住宅ローンを組むときに、もし税金を滞納していたらローンの審査が通らないのではないかという不安があると思います。

住宅ローンの審査で聞かれ得る内容はどんなことか?落ちるのはどんな場合か?といった疑問点にお答えしたいと思います。

住宅ローンを組むときに聞かれる内容は?各種公共料金の滞納がないか

住宅ローンの審査では、各種公共料金などの延滞が問題となります。

たとえば健康保険や年金、携帯電話の料金などです。

これらを見られるわけですが、給与所得者の場合は、健康保険料や年金などが天引きされているので、問題はありません。
自営業の方の場合は、これらが問題となります。

ですので、自営業の方は、身の回りの税金をきちんと支払ているかどうか考える必要があります。

納税証明は必須!住宅ローンを組む際に持っていくべきもの

納税証明書は住宅ローンを組む際に必須の持ち物です

納税証明書には、未納税額という記載欄があります。

もし、何らかの形で納税が滞ってしまった場合は、ここにいくらか数字が記載されてしまいます。

納税証明書に「0円」と記載がない場合は、残念ながら住宅ローンの審査に落ちてしまいます。

金融機関は、「税金も払えない人が、住宅ローンなど払っていけるのか?」と考えるわけです。ですので、未納額が0円でない方は、まず落ちてしまうということです。

納税証明書に0円と記載がない場合は、まず税金を納めることが大切です。

支払いが滞りがちな人はどうしたらいい?問題になるのか?

では、税金の支払いが滞りがちな方は、問題になるのでしょうか?

督促が来て、慌てて税金を支払った場合などは、支払ったことは確かですので、現時点で未納の状態のものが無い限りは、納税証明書のみ納税額の欄の表記上は「未納税額0円」となります。

納税証明書には未納の税金額しか表記されないので、督促されて税金を支払らったとしても、別にそのことがばれるということがありません。

すなわち、住宅ローンの審査でも問題とはならないのです。

住宅ローンの審査で納税証明書を提出していると、金融機関はその書類をもとに審査を行います。

つまり、納税証明書に表記がないものは、どんなにデメリットがあったとしても現時点でのことですので、問題の対象とならないのです。

ですから、督促が来たら早めに対処する方が良いでしょう。

税金をクレジットカードで支払っている場合には注意が必要!

クレジットカードで納税の手続きをした後、もしクレジットカードの請求日に支払いが遅れてしまったらどうなるでしょうか?

クレジットカード会社はなどの信用情報機関の会員なので、金融事故などの履歴も見ることができます。

クレジットカード請求日の支払いに遅れてしまうと、CICなどの信用情報機関へ情報が通達されます。

信用情報に滞納の履歴が乗ると、住宅ローンの審査は、税金の滞納より厳しくなってしまいます。

税金を滞納した場合は、後からでも払えば済むも大ですが、信用情報の滞納履歴は、少なくとも2、3年は残ってしまいます。

家を建てようと考えている方は、公共料金などのクレジットカード決済にも気を付けましょう!

税金やその他公共料金の未納に気をつけてマイホームを手にしよう

住宅ローンの審査では、各種公共料金などの延滞が問題となります。

税金の滞納は、督促が来たら払えるレベルならまだしも、税金すら払えないという状態ですと、なかなかマイホームを手にするのは厳しいかと思います。

特に上で見ていただいたように、金融機関は金融事故をとても嫌うので、税金をクレジットカードで決済し、それを滞納してしまうとかなりマイホームを手に入れるのは難しくなってしまいます。

ぜひ税金の延滞がないか確認してください。