借金返済が経費になるってどういうこと?

こんにちは、WAKAKOです。

借金返済に追われている場合、借金返済にまつわるいろいろな情報が気になるものですが、借金返済をしている場合経費になるとかならないという話が耳に入ってくることがあります。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

そこで今回は、借金返済と経費の問題について解説します。

スポンサーリンク


借金返済が経費になるケース

借金返済が経費になるケース

多数の借入先から借金をしていて、借金返済が苦しい場合などは、何とかして借金返済を楽にしたいと考えるものです。

こんなときは、いろいろな借金返済についての情報が気になるので、ネット上の情報などを集めることが多いです。

そうすると、借金返済が経費になるとかならないというテーマが出ていることに気づくことがあります。

経費についてわかりやすくおしえて、という質問や回答も多いです。

これは一体何のことなのでしょうか。

実は、これは自営業者の節税の問題です。

自営業者の場合、事業の収支について、確定申告をして所得税の税金額を計算します。

節税のため青色申告などにしていることが多いです。

このとき、利益を計算するのに売上げから経費を差し引くことができますが、その経費に借金返済分を充てることができないかという問題があります。

たとえば不動産投資家が物件に不動産投資をした際の銀行借入金などが典型例です。

実際、回答としては、このような場合借金返済の元本分は経費にはなりません。

経費になるのは、利息の支払い部分のみになります。

これは、元本分は費用ではなく負債が減少しただけだという理解になるからです。

税金申告において経費になるのは「費用」の部分だから、費用ではない元本返済部分は経費にはならないという理解です。

スポンサーリンク

一般の借金返済と経費は無関係

借金返済が経費になるケース

では、このように支払利息だけでも経費になるなら、一般に消費者金融からキャッシングして返済している借金返済についてもその支払い利息分を税金の計算で差し引いてもらうことが出来るのでしょうか。

実は、そのようなことは出来ません。

借金返済が経費になり得るのは、それが自営業者などの事業に関するものだからです。

事業と関係ない個人的な借金は経費になることはありません。

また、通常のサラリーマンなどの給与所得者の場合は、そもそも費用を経費として差し引くという考えがありません。

資産や負債といった会計的な問題も考えることはないでしょう。

よって、一般の個人的な借金については借金返済と経費は全く無関係な問題になります。

これが問題になるのは、あくまで事業者が事業と関連して借入をした場合であり、その借入金の中でも支払利息部分だけを経費として差し引き計算できるという意味にとどまります。

経費を気にするより地道に借金返済する

借金返済と経費の問題は、一般的な個人的な借金とは無関係な問題だと言うことがわかりました。

たしかに、現在事業をしていて借金返済もある、という方なら、次回の確定申告の際から支払利息部分について経費として差し引き申告すると節税になるでしょう。

具体的な相談は、税理士などの専門家に一度相談してみても良いです。

ただ、大多数の一般の人には無関係な問題です。

借金返済に負われていると、どうしてもこのようないろいろな情報にふりまわされがちになりますが、そのようなことを考えていても時間の無駄です。

なるべくなら、このような無用な情報に振り回されることのないようにして、地道に借金返済することを考えましょう。

日々節約をして返済に励んだり収入を増やしたり、ときには任意整理などの債務整理手続きを執ることも借金問題の解決には有効です。

経費などの気になる情報があって借金問題に悩んだら、一度弁護士などの専門家に相談して疑問を解消すれば、無駄な情報に振り回されて時間を浪費せずに済みます。

⇒借金返済をコツコツ行う賢い方法は?利息と節約の相乗効果とは?

まとめ

  • 事業者が事業借入金の借金返済をしているケースでは、支払利息部分が事業経費として差し引けることがある。
  • 借金返済と経費の問題は、一般の個人的な借金とは無関係の問題である。
  • 借金返済している場合は無駄な情報に振り回されないことが大切。
  • スポンサーリンク