債務整理中に結婚出来る?結婚前に債務整理を終わらせるべき?

こんにちは、WAKAKOです。

債務整理をすると借金返済が苦しい場合などに劇的に状況が改善されることが多いです。

しかし、婚約者がいて結婚を控えている場合などは、債務整理と結婚とをどのようなタイミングですべきか迷うことがあります。

そこで今回は、債務整理中に結婚することができるのかについて解説します。

債務整理中でも結婚できる

債務整理中でも結婚できる

ローンなどの借金返済が出来ず支払いが苦しい場合は債務整理をすることが有効な解決方法になります。

しかし借金がある人でも婚約者がいて結婚を考えている場合があります。

このような場合、債務整理中でも結婚することは出来るのでしょうか。

債務整理と結婚の問題は、弁護士などの専門家への相談やネット上の知恵袋などでの相談や回答も多く、関心を持っている人が多いことがわかります。

債務整理には、債権者と直接交渉をして借金の返済額や支払い方法について話し合う任意整理、裁判所に申立をして借金の金額を大幅に減額してもらう個人再生、裁判所に申立をして借金を0にしてもらう自己破産などいくつかの手続きの種類があります。

このうちどの手続きをとっても結婚そのものに支障が生じることはありません。

自己破産や個人再生をすると官報に氏名等が掲載されたり、役所の破産者名簿に名前が載ると言うことはありますが、一般の戸籍や住民票、免許証などに記録が載ることはありません。

結婚について何ら制限を課されることはないので、債務整理中でも何の障害もなく結婚することが可能です。

債務整理後まで結婚を待つべきか

債務整理後まで結婚を待つべきか

では、債務整理が終了するまで結婚を待った方が良い場合はあるのでしょうか。

確かに債務整理中でも結婚は出来ます。

ただ、債務整理手続きの中でも任意整理や個人再生の場合は、手続き後数年間の間支払いが残ります。

何年間の間、毎月何万円の支払いが残るのかという具体的な数字は、手続きが終わってみないとはっきりしません。

もし任意整理や個人再生の手続きがうまくいかなかった場合には、途中で自己破産に切り替えて手続きを進めなければならなくなることもあります。

このように債務整理中には、手続き後の状況について正確なところはわからないのです。

こうなってくると、債務整理中に結婚してしまうと結婚生活の実際のところが予測出来ず、不安になります。

この点、債務整理後であれば、借金完済までの年数や支払金額などもはっきりしているので、結婚生活のプランも立てやすいです。

この意味では、結婚前に債務整理を終わらせておいた方が良いと言えるでしょう。

ただ、債務整理には通常数ヶ月~1年程度の期間がかかるデメリットがあります。

この間ずっと結婚を待つのはしんどいと思われるのが普通でしょうから、そのような場合は結婚を先にしても良いでしょう。

なお、債務整理のデメリットは他にもいくつかあり、事前に想定したうえで弁護士の先生に依頼することで、スムーズに事が進みますね。以下の記事もあわせてチェックしてみて下さい。

債務整理のデメリット3つ!配偶者への影響は?結婚前がおすすめ?

婚約者に債務整理を告げるべきか

最後に、婚約者に債務整理することを告げるべきかどうかについて考えてみましょう。

この問題はとても繊細で、2人の関係性にもかかわるので一概に告げた方がいいとか告げない方がいいとか決めることは難しいです。

ただ、一般的には告げた方が良いと言えるでしょう。

もし債務整理を隠して結婚したとしても、結婚後たとえばローンやクレジットカードを作れなかったことがきっかけでバレてしまうことがあります。

すると、結婚相手からの信用を失い、下手をすれば離婚問題にまで発展する可能性もあります。

また、結婚後もずっと債務整理の事実を隠して生活していくのは気分的にも苦しいものです。

このようなことを考えると、結婚前にきちんと債務整理している事実やその結果などを伝えて、2人でしっかり結婚生活のプランを立てることが理想だと言えます。

まとめ

・債務整理中でも結婚に関して制限はなく、結婚は自由に出来る。

・出来れば結婚前に債務整理を終わらせておくことが好ましいが債務整理には時間がかかるので債務整理中に結婚してもかまわない。

・婚約者には債務整理の事実を告げておくことが好ましい。