任意整理直前の借入は危険?手続前に知っておくべき注意点を解説



これからあなたが任意整理の手続きをするという場合、


「どうせブラックリストに載るんだから、その前にちょっとだけでもお金を借りておいたほうが良いのかも…」

ひょっとしたら、そんな風に思っているかもしれませんね。



私がかかわった任意整理の依頼でも、こうしたニーズをお持ちの方はとても多かったです。




今回は、任意整理の直前にローン会社などで借入をする場合の注意点について解説させていただきます。





任意整理の直前借入が大きな問題になるケースは少ない




結論から言うと、任意整理の直前に借入をすることが大きな問題になることは少ないです。



理由としては、任意整理の場合、どの借金について減額交渉をするか?については自由に選択することができることが挙げられます。



例えば、A社から100万円、B社から30万円を借りているというような場合、B社の借金については今まで通りに返済するけれど、A社の借金については任意整理の手続きを行うという形も問題ないのです。



そのため、上のケースで任意整理の手続きを行う直前に新たにC社から借入をしたとしても、そのC社に対しては契約時と同じ条件で返済をしていくということが認められます。



任意整理直前にローン申し込みをされた側のC社としては「契約通りにきちんと返済をしてくれるならなんの文句もない」と考えますから、こういったケースでは任意整理直前の借入がなんらかの問題を引き起こすことは考えにくいのです。



ただし「お金を借りた直後、その相手に対して任意整理」は成立しない可能性大




問題となる可能性があるのは、上の例のC社で、お金を借りた直後にまだほとんど返済を行っていないのに任意整理の手続きをしようとした場合です。



任意整理というのは裁判所を介さない、純粋な「私的な契約行為」ですから、当然ながら相手方のC社の同意がなければ成立しません。



お金を借りてからまだ1回も返済をしていないような状態で、「新しく契約を結びなおしたい」という希望を伝えたとしても、「最初から任意整理するつもりだったのでは?」と考えられてしまいます。



任意整理にローン会社側が応じてくるのは、「利息のカットなどで負担を小さくしてあげさえすれば、この人は返済を継続的にしてくれるだろう」という見込みがあるからです。



最初から返済をするつもりがない相手の任意整理の申し出に、ローン会社側が応じてくれる可能性は低いといえます。



任意整理直前の借入についての結論




結論的に、複数のローン会社からの借金がある場合、すでにある程度の返済を重ねてきているローン会社の借金については、任意整理直前に別の会社でお金を借りても問題とはならない可能性が大です。



一方で、直前にお金を借りた会社を相手取って任意整理をするという場合についても考えてみましょう。



まだ返済をほとんどしていないような状況だと「この人はそもそもお金を返すつもりがない」という判断をされて任意整理が成立しない可能性があります。


任意整理はあくまでも相手方(ローン会社)の同意がないと成立しないということを理解しておくことが大切です。





他の債務整理への移行のときに問題になる可能性あり





上では任意整理の場合の直前借入ついて解説させていただきました。



他の債務整理方法(個人再生や自己破産)でこの直前借入をやってしまうと問題になる可能性が高いので注意してください。




特に、自己破産の場合には、手続き直前に借入を行うことで手続きそのものができなくなってしまう可能性がありますから、絶対に避けなくてはなりません。




個人再生や自己破産は裁判所を通して行う厳格な手続きで、債権者(ローン会社)側としては借金の元本についても減額を認めなくてはならないことから、手続き直前の借入については非常に厳しく見られてしまうことを理解しておいてください。



任意整理の直前にやっておくべき手続き





任意整理をこれから行うという方は、手続きの直前には以下のようなことをやっておくとその後の生活がスムーズになります。



クレジットカード決済になっている支払いの変更




水道光熱費や賃貸アパートの家賃、携帯電話代などはクレジットカード経由の支払いとなっていることも最近では多いですね。



任意整理を行うと信用情報機関にブラックリスト登録されてしまいますから、信用力が低下してクレジットカードの利用が制限されてしまう可能性が高いです。




そのため、水道光熱費や家賃といった生活に直結する支払いについては、口座引き落としなどの支払い方法に事前に変更しておかないと、生活に支障が出てしまいます。




私の友人が任意整理を行った際には、公共料金をクレジットカード払いにしていたのを失念していて、任意整理の後にカードが止められてしまい、とても困ったという事例があったので注意してください。



ローンを組んでいる銀行の預金は引き出しておく




銀行カードローンは、「預金と借金が1つの口座でスムーズにできる」というのが一つの売りです。



ですが、任意整理を行う際には、この便利な点が逆にあだとなってしまうケースもあるのです。



というのも、銀行カードローンは自社のカードローンについて任意整理が行われた場合、その銀行に預けている預金は凍結するという措置をとってくるためです(銀行側としてはちょっとでもお金を回収するための措置です)



口座を凍結されると、ローン全額を完済するまではその口座の中に入っているお金は引き出すことができなくなってしまいます(あるいは、銀行によって「ローン残高に充当」というような措置をとられてしまいます)



こちらも私の友人の例ですが、銀行カードローンを利用している銀行に生活費として使う預金を預けており、任意整理によってその口座が凍結され、生活費に充てようと考えていたお金が引き出せない…という状況になってしまったことがありました。



銀行カードローンを利用している方は、任意整理前に預金を別の口座に移しておくようにしましょう。



保証人には一報しておく




任意整理を行うと、手続き後にはその借金について連帯保証人や保証人になってもらっている人に対してあなたの借金の請求がいくことになります。



多くの場合、保証人には家族や親せきの人などになってもらっているでしょうから、「親族には任意整理をしたことは知られたくない」と考えている方は注意してください。



保証人となってもらっている人がいる場合には、任意整理などの債務整理を行う前に、迷惑をかけてしまうことについて一言お詫びを告げておくのが社会人としてのマナーかもしれませんね。



まとめ




今回は、任意整理の直前に借金をする際の注意点について解説させていただきました。



これから行う債務整理が任意整理である場合、基本的に大きな問題となる可能性は低いですが、任意整理意外の債務整理(個人再生や自己破産)を選択する可能性がある場合には、手続き直前の借入は避けておかなくてはなりません。



任意整理は弁護士や司法書士といった専門家に相談することでリスクを最低限に抑えながら手続きを行うことができますから、法律的な知識に自信がない…という方は無理せず相談してアドバイスを受けるようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ