任意整理のブラックリスト解除はいつ?期間短縮の方法はある?




任意整理を行う場合「ブラックリスト解除がいつになるのか?」は気になる問題ですよね。



ブラックリスト登録期間中は基本的にクレジットカードなどを新しく作ることは非常に難しくなります。



なので、任整理後に生活にどのような影響が出るのか?についてはよく理解しておく必要があります。



今回は債務整理を行った場合のブラックリスト登録期間について具体的に解説させていただきます。






任意整理のブラックリスト解除は5年後




結論から言うと、任意整理を行った後には信用情報機関のブラックリストに5年間登録され、その後は解除されます。



この5年間の間には新しくローン契約を組んだり、クレジットカードを新規発行したりすることは基本的にできなくなります。



なお、1点誤解されやすい部分があります。



それはブラックリスト登録期間の5年間とは、「任意整理の手続きを行ってから5年間」ではなく、「任意整理を行って減額してもらった借金を、完済した時点から5年間」であることです。



完済まで時間がかかりそうな場合、任意整理手続き後には収入の範囲内で生活できるように準備をしておくようにしましょう。






ブラックリスト登録を避ける方法はある?




金融機関からお金を借りていて、その借金を任意整理した場合には、ブラックリスト登録を避ける方法はありません。



金融機関はすべて信用情報機関に登録して常に利用者の状況を報告していますから、これを回避することはできないと理解しておきましょう。



なお、金融機関以外の人からお金を借りたような場合には信用情報機関に報告されることはありませんから、任意整理を行ったことでブラックリスト登録されることはありません。



ただし、手形やファクタリングの場合にはやや注意が必要です。



手形やファクタリングの取引には複数の当事者が関与しています。



この契約に何らかの形で金融機関が関係しているときには、ブラックリストに登録されてしまう可能性があります。



どんな取引が制限される?




任意整理を行い、ブラックリストに登録された場合、登録機関中には以下のような取引が制限されます。



 

  • 新規のキャッシングローン申し込み
  • クレジットカードの新規発行
  • 現在持っているクレジットカードの与信枠の制限
  • 携帯電話の分割購入
  • クレジットカード払いになっている公共料金の支払いなど

  • なお、任意整理を行ったローンに保証人が設定されている場合には、その保証人に対して請求がいってしまうことにも注意しておきましょう。

     



    現在、生活をしていくうえでクレジットカードやカードローンを多く利用している場合、任意整理を行うことによって生活にある程度の影響が出ることを理解しておかなくてはなりません。



    登録期間を短くする方法はある?




    ブラックリストの登録機関は短ければ短いほどありがたい…というのが利用者側の本音ですよね。



    ただ、結論から言うと登録期間を短くしてもらうような方法は基本的にないのが実情です。



    私が相談を受けた方の中にも「なんとか短くできないか」と話をされる方が少なくなかったのですが、残念ながら方法はないのが実際のところなのです。



    金融機関は任意整理の手続きが開始した時点で信用情報機関にあなたの事故情報を登録しますから、この時点でブラックリスト登録の扱いになってしまいます。



    任意整理の場合は、手続きの直後から5年間はクレジットカードや新しいローン契約はできなくなると理解しておきましょう。




    信用情報機関には3種類ある






    上で「信用情報機関」という言葉を何度か使っていますが、厳密にはこの「信用情報機関」には3つの種類の組織があります。



    それぞれの組織によってどのような情報がどれだけの期間登録されるのかには違いがありますから、注意しておきましょう。



    具体的には、以下の3つの組織があります。



     

  • JICC:自己破産5年・個人再生5年・任意整理5年

  • CIC:自己破産のみ5年

  • KSC:自己破産10年・個人再生5年・任意整理5年

  •  




    上の一覧を見るとわかりますが、3つの信用情報機関のうち「CIC]については自己破産による債務整理のみが事故情報として登録されるのに注意しておきましょう。




    任意整理を行い、ブラックリストに登録されたとしても、その期間中にローン申し込みをした金融機関がCICの情報しか紹介していない場合には、ブラックリスト登録期間中であっても審査に通るケースはあります。



    私が実際に見たことのあるのは携帯電話の分割返済です。



    携帯電話会社の分割決済の審査は独自の審査方法をとっていますから、通常の金融機関とはかなり条件が異なる審査になっているのです。



    ただ、金融機関はほとんどが複数の種類の金融機関がグループとして運営されています。



    どの金融機関がどの信用情報機関の情報を参照するか?については厳密にはわからないことも知っておきましょう。



    「社内ブラック」に注意







    上で「任意整理によるブラックリスト塘路期間は5年間」と説明をさせていただきました。



    これはあくまでも「信用情報機関に登録されている期間」であることに注意してください。



    ブラックリスト登録には、信用情報機関への登録の他に「社内ブラック」があります。



    社内ブラックとは、あなたが債務整理を行った直接の相手が、あなたをどう見ているか?の問題です。



    社内ブラックの具体例




    例えば、消費者金融A社と、銀行B社からそれぞれ借金がある場合に、B社の借金についてのみ任意整理を行ったとします。



    (任意整理ではこのように「どの相手と交渉するか」を自由に選択できます:個人再生や自己破産ではこういうことはできません)



    この場合、任意整理を行ったことによって信用情報機関にブラックリスト登録されてしまいますから、5年間はA社、B社ともに新たにローンを組むことはできなくなります。



    社内ブラックが問題となるのはこの5年間が経過した後です。



    社内ブラックでは、半永久的にローンが組めなくなる可能性大




    上の例でいうと、A社ではローンを組める可能性がありますが、任意整理を過去に行った直接の相手であるB社では今後いっさいローンを組めなくなる可能性が高くなります。



    B社では社内情報として「この人は過去にうちの借金を返さなかったことがある」と情報が登録されますから、信用情報機関のブラックリスト登録が解除されているかどうかに関係なく、ローン審査落ちの扱いにされてしまう可能性が高いです。



    なお、この措置は基本的に半永久的に続くと考えておくのが良いでしょう。



    社内ブラックそのものはそれほど怖いものではない




    ただし、ローン会社はたくさんありますし、どこも似たような条件でローンを組むことができます。



    1社で社内ブラックの扱いを半永久的にされたとしても、それほど支障が出ることはないでしょう。



    信用情報機関のブラックリスト解除後には、1社がだめなら別の会社…といったように今まで通りローン審査を受けることができますよ。



    まとめ




    今回は、任意整理の手続きを行った後のブラックリスト解除までの期間について解説させていただきました。



    本文でも解説させていただいたように、登録期間中はクレジットカードを使えなくなることがもっとも大きな問題となるでしょう。



    私がかかわった任意整理の相談者の方も、この点を心配されている方がとても多かったです。



    任意整理などの債務整理を行う場合、ブラックリストへの登録を避ける方法はありません。



    生活にどのような影響が出るのか?を事前によく理解したうえで手続きを利用するようにしてくださいね。



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ