任意整理後もアパートは借りれる?保証や家賃支払い方法に注意!



任意整理を行うと、手続き後5年間は信用情報機関にブラックリスト登録されてしまいます。




この期間中に引っ越しなどをする必要が出た場合、新しい賃貸アパートの契約に影響が出てしまうのは困りますよね。




以下では任意整理を行った後にもアパートを借りれるのか?の問題について具体的なケースを見ながら解説させていただきます。





任意整理してもアパートは借りれる




結論から言うと、任意整理後にアパートを借りる場合で問題となるケースは少ないといえるでしょう。



というのも、信用情報機関のブラックリスト情報を照会できるのは金融機関だけですから、不動産賃貸会社やアパートの大家さんに、あなたが過去に債務整理を行った情報を知られてしまうことは基本的にないからです。



私は大家さん側の立場から相談を受けたこともあるのですが、物件所有者がチェックしているのは入居者の職業やおおよその年収だけで、信用情報機関のような情報にアクセスしていることは普通はありません。



アパート契約時の「審査」とは、不動産会社や大家さんがあなたの収入などから物件所有者や管理会社が独自に行うチェックだと考えて置いて問題ありません。



信用情報機関のような情報ネットワークを介した調査ではありませんから、過去の事故情報などについて知られる可能性は低いといえます。





任意整理でアパート賃貸審査に影響が出るケース





上ではアパート契約審査の原則的なケースについて解説させていただきましたが、次のような例外的な場合には過去に任意整理などの債務整理を行ったことが問題となるケースもあります。



具体的には次の2つのケースです。

 

  • ①家賃支払いがクレジットカード払いになっている場合

  • ②信販系保証会社による保証が条件である物件

  •  

    以下、この2つのケースについて具体的に解説させていただきます。



    ①家賃支払いがクレジットカード払いになっている場合




    賃貸物件の中には、家賃の支払いをクレジットカード払いでないと認めてくれないものもあります。



    これは物件所有者側が確実に家賃の引き落としを確保するために、クレジットカード会社を経由して支払いをするようにしているもので、この場合には任意整理などの債務整理を行ったことによって賃貸契約の影響が出る場合があります。



    債務整理を行うと、すでに持っているクレジットカードについて信用力が低下し、限度額が制限されたり、カードそのものが利用停止となってしまうことがあります。



    この場合、賃貸契約時にはクレジットカードの引き落としができないことから賃貸契約を断られてしまうことが考えられます。



    ただし、家賃支払いをクレジットカード払いにしている物件は全体でみると少数派ですから、賃貸契約の審査落ちとなっても別の物件にチャレンジすることは可能です。



    ②信販系保証会社による保証が条件である物件




    2つ目は、賃貸契約の条件として、信販系の保証会社による保証が必要な物件である場合です。



    賃貸契約時には家賃の支払いがもしできなかったときのために、保証人が設定されるのが普通ですが、その保証人として「信販系保証会社の保証」を指定している物件所有者も少なくないのです。



    信販系の保証会社とは、例えばオリエントコーポレーション、セディナ、ジャックスといった保証会社のことですね(ほかにもアプラスやセゾン、エポスなどがあります)



    私が過去に見たケースで審査落ちとなったケースでは、セゾンやセディナは厳しいイメージがあります。



    これらの信販系保証会社は信用情報機関のブラックリストを紹介することができますから、これらの保証会社の保証審査では、過去に任意整理を行っている場合審査落ちとなってしまう可能性が極めて高いです。



    なお、保証会社のうち上で紹介させていただいたような「信販系」以外のところであれば問題なく保証審査に通る可能性が高いです。



    任意整理したら今住んでいるアパートの契約はどうなる?






    上ではこれから新しく賃貸アパートの契約する場合について解説させていただきましたが、「任意整理を行ったことで、すでに住んでいる物件から追い出されるようなことがないか?」も気になるところですね。



    結論から言うと、こちらの場合は家賃さえきちんと払い続けていれば問題となる可能性はほとんどありません。



    賃貸アパートの所有者は、いかに入居者を確保するか?に常に頭を悩ませていますから、毎月きちんと家賃を払ってくれている入居者をわざわざ追い出すようなことをすることは普通考えらえません(上でも少し触れましたが、私は物件所有者側の方からも相談を受けたことがあります)



    契約の更新についても基本的には同様で、過去に家賃滞納などを行っていないのであれば、わざわざ更新を拒否するようなケースは普通はありません。



    まとめ




    今回は、任意整理後にアパートを借りれるのかについて解説させていただきました。



    まとめると、家賃支払いがクレジットカード支払いとなっている物件や、保証を受ける際に信販系保証会社の審査が必要となる場合には賃貸契約に問題が出る可能性があるといえます。



    ですから、気に入ったアパートが見つかったけど、その会社の家賃がクレジットカード払いの場合には、残念ながら契約できない可能性が高いですね。



    しかし、現金支払い(口座引き落とし)の方法を採用している賃貸アパートはたくさんありますし、保証会社ではなく、親族などの保証でOKとしてもらえるケースも少なくありません(というか、そういう物件の方が多いです)



    任意整理を行うことでその後の賃貸契約にとって大きな問題となる場合はそれほど多くはないと思われます。


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ