自己破産で家がなくなる?

こんにちは、WAKAKOです。

自己破産すると基本的にすべての借金がなくなりますので、借金を整理するためには有用な解決方法ですが、自己破産すると持ち家はなくなってしまいます。

これはどうしてなのでしょうか。

また、自己破産後家を購入・賃貸することは可能なのでしょうか。

そこで今回は自己破産と家の関係を解説します。

自己破産すると家がなくなる!住宅ローン返済中の場合

住宅ローン完済後の場合

自己破産とは、裁判所に申立をして免責決定を出してもらうことにより、基本的にすべての債務(借金)の返済義務を0にしてもらうための手続きです。

すべての借金がなくなるという点が大きなメリットであり、手続き後も月々数万円ずつの支払が残ることの多い個人再生や任意整理などの他の債務整理手続きとは根本的に異なります。

しかし、自己破産すると、家(持ち家)を手放すことになってしまいます。

マンションでも土地付きの戸建て建物でも同じです。

この問題については、弁護士などの専門家に対する相談事例も多いです。

その手続きについては、持ち家が住宅ローン返済中が完済後かによって異なります。

まず、住宅ローン返済中のケースを見てみましょう。

住宅ローン返済中の債務者が破産した場合、住宅ローンの返済も当然停止することになります。

そうなると、住宅ローン債権者は抵当権を実行して、家は競売にかけられることになります。

これを避けるためには、不動産会社に依頼して任意売却して処分することも可能です。
任意売却をしても、債務(借金)が残る場合があります。残った借入金(残債)は、無理のない範囲で分割で支払うことができます。

自己破産と任意売却のどちらにしても家自体は失うことになります。

このデメリットを避けるには、住宅資金特約条項付きの個人再生手続きを利用することです。

住宅資金特別条項付きの個人再生であれば、住宅ローンのみはきちんと支払、その他の債務だけを減額することによって自宅(マイホーム)を守ることができます。

住宅ローン完済後の場合

自己破産すると家がなくなる!住宅ローン返済中の場合

では、住宅ローン完済後に自己破産する場合はなぜ家がなくなるのでしょうか。

自己破産においては、破産者が所有する目立った財産や資産があれば、差し押さえられ基本的に現金に換価されて債権者に配当されてしまいます。

共有名義の場合も持分だけ売却の対象となります。

たとえば過払い金なども財産扱いとなります。

そして、自宅不動産と言えば、通常は相当の価値のあるものです。

よって、住宅ローン完済後の家を所有している場合、これは破産管財人の手によって売却されて、換価されてしまうのです。

このようにして、結局破産者は自宅を手放すことになります。

ただし、自宅が家族名義になっている場合は差し押さえの対象にならないので没収されることはありません。

このことを利用しようとして、自己破産の直前に配偶者に名義変更した場合などは、財産隠しのためとみなされて否認され、結局効果が認められないことになりますので、注意しましょう。

以上のように自己破産すると持ち家はなくなることになります。

ただし、これは持ち家に限ったことであって、賃貸住宅の場合は何の問題もなくそのまま住めます。

●参考記事

自己破産は離婚前後でどちらが得?財産隠し判定されない対策は?

自己破産したら滞納税金は免除される?支払期限を延ばすには?

自己破産後の家の購入は?

最後に、自己破産後は自由に家を購入したり賃貸したりできるのかについて見てみましょう。

まず、自己破産後はいわゆるブラックリストの状態になって、あらゆる金融機関からの借り入れができなくなります。

当然、銀行で住宅ローンを組むことも出来ません。

よって、自己破産すると、基本的に自分名義で住宅ローンを組んで自宅を購入することは出来なくなります。

ただ、このブラックリストの期間は約7年間ですので、自己破産後約7年が経過すれば、破産者名義でもまた住宅ローンを組んで家を購入することが出来るようになります。

また、ブラック状態であっても、住宅ローンを利用せずに(一括払いか親族等にお金を借りるかなどして)購入するか、家族名義で住宅ローンを組むことが出来れば住宅を購入することは可能です。

また、破産と住宅の賃貸とはまったく無関係です。

よって、自己破産後であっても賃貸住宅を借りることに全く支障はありません。

まとめ

・自己破産すると住宅ローン返済中であっても住宅ローン完済後であっても家は失うことになる。

・自己破産後約7年間の期間は、破産者名義で住宅ローンを組んで家を購入することはできない。

・自己破産後であっても賃貸住宅を借りることに制限はない。