「税金の計算方法」の記事一覧

相続税はアパートで節税できる?不動産経営でできる税金対策

相続税は、相続が発生した時点(つまり財産を持っている人が亡くなった時点)で所有している財産の金額をもとに計算されます。 亡くなった時点で所有していた財産のことを相続財産と呼びますが、相続財産はアパートなどの不動産のかたち・・・

相続税は遺産分割協議書が未了でも納税?死亡退職金はどうなる?

相続税は、遺産を相続する人が相続した割合に応じて負担するのが原則です。 しかし、遺産相続の割合は遺産分割協議書が作成されるまでは確定しませんから、その間に相続税の納付期限が来てしまうことも珍しくありません。 今回は、遺産・・・

相続税の基礎控除とは?申告不要の場合と税金計算のルール

相続税は、亡くなった親族が所有していた財産(遺産)に対して課税されますが、単純にすべての遺産が課税対象となるわけではありません。 ごく簡単に言うと、相続税の計算は、遺産の合計額から「相続税の基礎控除額」を差し引きした金額・・・

不動産所得の必要経費に登記費用は含まれる?節税になる支出とは

不動産所得の金額は、年間で得た家賃収入などの合計から、必要経費の合計額を差し引きして計算します。 当然、必要経費を多く計算に含めるほど所得は小さくなり、所得税の負担も小さくなります。 不動産所得の必要経費としては登記費用・・・

給与所得と事業所得の違いは?税金計算や損益通算の意味を解説

日本国内で収入を得た場合には所得税が課税されますが、どのような形で収入を得たか?によって所得税の計算方法は異なります。 その中でも違いが問題となりやすい(つまりどちらが得か?に悩みやすい)のが給与所得と事業所得です。 こ・・・

健康保険の種類は?サラリーマンの社会保険と個人事業主の違い

健康保険は、病気や怪我をしたときの医療費負担を少なくしてもらうための保険で、公的医療保険と呼ばれます。 公的医療保険には大きく分けて2種類(健康保険と国民健康保険)があり、その人の職業によってどちらの保険に加入するかが決・・・

相続税は妻のみが遺族でもかかる?配偶者控除と節税対策

相続税は、亡くなった人の遺族が一定額以上の遺産を相続した場合に発生します。 遺族が妻のみである場合には、節税効果の大きい配偶者控除を利用することができますので、妻の相続時には相続税が発生しない可能性が高いです。 ただし、・・・

贈与税は親子間でもかかる?仕送りなど非課税になる事例を解説!

贈与税は親子間で行われた財産の贈与にも課税される税金です。 ただし、親子間というのは社会通念上、財産の移転が行われることは少なくないので、通常の場合(つまり他人同士の場合)とは異なったルールが適用されることがあります 今・・・

贈与税は申告しないとどうなる?ばれると罰則はあるの?

贈与税の納税義務があるのに期限までに申告と納付を行わなかった場合には、延滞税や加算税といったペナルティが課せられてしまう可能性があります。 延滞税や加算税は本来負担する税額(本税といいます)にプラスする形で納めなくてはな・・・

相続税と路線価格の関係とは?遺産に土地建物がある場合の計算方法

相続税は、実際に残された遺産の金額をもとに計算します。 遺産が現金で残されている場合には計算はとても単純ですが、不動産(土地や建物)の形で残されている場合には、まず遺産の評価額を定めることから始める必要があります。 具体・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ