財形貯蓄で借金返済する方法は?融資メリットと注意点まとめ!

住宅財形貯蓄を借金返済に使うポイントは?


こんにちは、WAKAKOです。



勤務先に財形貯蓄制度がある人は多いでしょうけれど、この財形貯蓄を利用して借金ができることをご存じでしょうか。



また、住宅購入用の住宅財形貯蓄がありますが、これを住宅ローンをなどの借金返済に充てる際に注意点はないのでしょうか。



そこで今回は、財形貯蓄と借金返済の問題について解説します。



スポンサーリンク






財形貯蓄のメリット




財形貯蓄のメリット


財形貯蓄という言葉を聞いたことがあるでしょうか。



これは、マネーに関するネット上の質問や回答、知恵袋などでもかなり多い話題ですよね。



勤務先に財形貯蓄制度が設けられていることも多いので、利用したことがなくても言葉だけは聞いたことがあるかもしれません。



財形貯蓄とは、勤務先が金融機関と提携して、月々の給料から一定金額を貯蓄してくれる制度です。



毎月の給料から天引きされる形になるので、わざわざ自分で貯金する必要がなく、確実に毎月貯金が貯まっていく点がメリットです。



自分で管理していると、どうしても使ってしまうという方におすすめです。



この財形貯蓄にはいくつか種類があります。



それは、一般財形貯蓄と住宅財形貯蓄、年金財形貯蓄です。



一般財形は一般的な貯金で、住宅財形は住宅購入用、年金財形は年金積立用の財形であり、住宅財形と年金財形の場合は目的に従った利用をした場合に元本550万円までにかかる利子利息が非課税になるというメリットがあります。



すなわち、住宅財形の場合はマンションなどの住宅購入のための支払であれば550万円まで利息が非課税、年金財形であれば年金受け取りのための払い出しであれば550万円まで利息が非課税になります。



このように、財形貯蓄には確実に貯金ができるという他にも、利息が優遇されることがあるというメリットもあります。



スポンサーリンク




財形貯蓄で借金返済出来る?




財形貯蓄で借金返済出来る?


さらに、この財形貯蓄を利用して借金返済をすることも考えられます。



というのも、財形貯蓄している場合、その貯蓄を担保として借入ができるからです。



財形貯蓄を利用した借入の場合は、通常のキャッシングなどを利用した借入より金利・利率が低いのが普通なので、返済がしやすいです。



よって、もし利用できるなら、この財形貯蓄を担保にした借入をして、その借入金額をもってキャッシングなどを返済してしまいたいですよね。



ただ、財形貯蓄を担保とした貸し付けにはいろいろと条件が多いです。



たとえば住宅財形を担保とした貸付制度は、住宅の購入資金にしか使えない財形住宅融資がありますし、年金財形を担保とした貸付制度は教育資金に目的が限定されたものがあります。



これら以外に、財形貯蓄全般(一般財形、住宅財形、年金財形)を担保とする通常の貸し付けなら利用できますが、この場合も借入金額の上限や借入期間などに厳しい制限が課せられます。



もし、このような制限がクリアできるようなら、この財形貯蓄を担保とした借入を利用して、現在の高金利の借金をいったん返済してしまうのも一つの方法です。



財形貯蓄を活用したキャッシングは、一般的なキャッシング業者よりも金利条件が良いため、このような『借金返済のために、他から借金する』という技が使えますが、一般業者で同じことをするのは、多重債務に陥るリスクが高まるため基本的にNGですので注意が必要です。



住宅財形貯蓄で借金返済する場合の注意点




最後に、住宅財形貯蓄を利用して借金返済する場合の注意点を見ておきましょう。



住宅財形貯蓄は、住宅購入資金に充てるための貯蓄制度です。



よって、住宅購入資金のために払い出す場合は元本550万円までなら受取利息が非課税になります。



しかし、それ以外の目的の払い出しの場合、非課税枠はなくなります。



単なる他の借金返済のために払い出す場合はもちろんのこと、住宅ローンの繰り上げ返済に用いる場合にも住宅の購入資金とは見なされず、非課税制度は利用できなくなります。



このように、住宅財形貯蓄の非課税制度はかなり範囲が限定されたものになります。



住宅ローンを含めた借金返済(住宅購入時をのぞく)に充てる場合には非課税のメリットが無くなってしまいますので、注意しましょう。



まとめ




・財形貯蓄とは、勤務先の給料から天引きされる形で確実に貯金が出来る制度である。



・財形貯蓄を利用して借入ができるので、それを借金返済に充てることが可能。



・住宅財形貯蓄で借金返済する場合は利息が非課税になるメリットを利用できなくなる。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事


⇒借金が結婚に与える影響は?相手に借金返済中の旨を伝えるべき?

⇒借金返済の時に領収書がなぜ必要?書き方と必須項目まとめ!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ