借金返済に節約がなぜ有効?支出を大幅削減する節約術5点とは?

節約で借金返済!家計簿やクレジットカードなどの節約術?


こんにちは、WAKAKOです。



賢く借金返済するためには節約が有効だということはわかりますが、なかなか節約と一言では言ってみても実際やってみると難しいものです。



実際、どのような節約術が有効なのでしょうか?



家計簿などつけると良いのでしょうか。



そこで今回は、借金返済に役立つ節約法について考察してみましょう。



スポンサーリンク






借金返済には節約がなぜ有効?




借金返済には節約が一番有効!


早期に賢く借金返済してしまうには、やはり節約が一番有効です。



なぜなら、早く借金を返済するためには、『収入を増やす』か『支出を減らす』しか無いのですが、今すぐに誰もが実践できる対策が、『支出を減らすこと』だからです。
会社員の場合、残業等で月の手取りを増やすことは可能ですが、基本給料はすぐには上がりませんし、自営業でも安定した増収は難しいでしょう。


節約せずに、思うがままに浪費している状態では、借金がいつまでたっても減りません。



また、この節約の習慣が手に入ると、借金を完済した後、貯蓄までできてしまったという体験談もあり、今後の人生においても、大きな安心材料につながる大切なポイントです。
貯金ができる家計状態になれば、再び借金をすることもないでしょう。


では、このような有効な節約術にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。



借金返済に向けた節約術その1;家計簿をつける




いくつかの節約方法


まずは、家計簿をつけてみましょう。



家計簿なんてつけてもつけなくても結局要るお金は要るし、要らないものは要らないから意味が無い、と思われるかもしれません。



でも、家計簿をつけてみるとわかると思いますが、普段自分では意識していない無駄な出費は結構あるものです。



収入以上の出費があるなら、出費を抑えないといけません。



ここで、家計簿をつけてみることにより、毎月で一番出費の多い項目は何なのかがわかれば工夫ができる可能性もありますし、もう少し減らせる項目が見つかる可能性もあります。



携帯電話など、不必要に費用がかかっているものがあれば、プランやキャリアを変更してみたり、テレビの受信契約やゲームの利用契約など、不要なサービスがあれば、いっそのこと解約してしまうなどの選択も可能です。



交際費が多い場合なども、つきあいを制限してみるなどの工夫ができるでしょう。



このように、家計簿をつけてみることによって、意外と改善可能な新たな発見があるものです。


定期的に家計の状況を家族と共有し、問題点について話し合いましょう。夫婦のどちらかが家計を管理している場合でも認識を共有することで改善点が分かってきます。


スポンサーリンク




借金返済に向けた節約術その2;食費や生命保険など日々の家計を見直す




家計簿をつけてみたところで、次に日々の家計を見直してみましょう。



たとえば、食費を節約したり、生命保険を見直してみることです。



生命保険は、意外とそれほど必要でもないのに月々数万円もの高額の支払いをしている保険に入っていることが多く、これを見直すことで月々の出費が相当抑えられることがあります。



また、食費も意外と無駄遣いや節約できる部分があることが多いです。



借金返済に向けた節約術その3;車を手放す




実は車の維持費が意外とかかっています。



日々のガソリン代から始まり、毎月の駐車代、自動車保険や車検、さらには、事故にあった場合は、自腹ではらう、または、保険料が高くなるなど、積み上げていくと相当な額になります。



今まで車で移動していたものを、タクシーに変えるだけでも、年間で数十万円のお金が節約できます。



自家用車を手放すだけでも年間十万円以上のかなりの節約になりますので、車が必須でない場合は一度検討してみると良いでしょう。



借金返済に向けた節約術その4;クレジットカードは1枚まで




節約を考えるときに大切なのがクレジットカードです。



これは、本当は持ち歩かず支払いは現金決済に限った方が節約には好ましいです。



ただ、クレジットカードをどうしても持ちたい場合1枚までにして、分割払いやキャッシングなど利息が高いので、利用しないようにしましょう。



また、楽天カードなど、ポイントがつくタイプのものなら少しお得感もあっておすすめです。



借金返済に向けた節約術その5;家賃が高すぎるなら引越も検討




現在済んでいる賃貸物件の家賃があまりに高い場合は、引越を検討しても良いでしょう。



家賃が月々4万円安くなれば、年間48万円の節約になりますので、少なくとも家賃数ヶ月分の金額の節約ができることになります。



家賃分を返済に充てるために思い切って実家に帰るという方法もあります。



ただ、引っ越し費用など目先の費用がかかりますので、なるべくこれを抑えられるように、引越が少ないシーズンなどを選んで賢く引越をするのが良いでしょう。



まとめ




・借金返済には節約が有効である。



・節約するにはまず家計簿をつけてみる。



・節約するには食費や生命保険、車などを見直してみる。



・クレジットカードは1枚までにして、キャッシングなどは利用しない。



・家賃が高すぎるなら引越を検討するのも一つの節約になる。



スポンサーリンク




P.S.



今回の記事では、日常生活スタイルの観点から、すぐに検討・実行できる節約術について5つまとめていきました。



利息に注目したり法的手段を検討するなど、日常生活の見直しとは別の切り口で、『借金返済方法の極意』と銘打ち、借金を返済するための効果的な対策について、以下の記事で3点まとめました。



借金返済方法の極意とは?早く楽に完済できる3つの対策とは?



今回の記事の対策と組み合わせて実行することで、さらに借金を早く返済できるようになります。ぜひご参考下さい。



おすすめの関連動画




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ