借金返済は親に借りる?デメリットやポイントを知りたい!

デメリットやポイントを知りたい!


こんにちは、WAKAKOです。



借金返済があって生活が苦しい場合、親が見かねて借金を返済してくれることがあります。



自分から親に泣きついて親に借金を返済してもらうこともあるかもしれません。



でも、親に借りて借金返済をすると、どんなデメリットがあるのでしょうか?



そこで今回、借金返済で親に借りる事のデメリットやポイントを解説します。




スポンサーリンク





借金返済は親に借りる?


借金返済は親に借りる?


レイクなど消費者金融はいろいろとありますが、キャッシングなどにより月々何万円もの借金返済に追われている場合、その程度にもよりますが、なんとしてでも返済したいと思うものです。



特に旦那さんや子供などに内緒の借金なら、なおさら早く完済したいでしょう。



家族に秘密で借金返済を続けるには何かと注意を払わなくてはなりません。



また結婚する前も同じで、借金を隠したまま結婚すると、バレた時に離婚に発展する可能性があるため、借金がある旨を事前に伝えた方が良いです。



借金が結婚に与える影響は?相手に借金返済中の旨を伝えるべき?



さて、貯金も過払い金もないような状態なら、結婚生活に影響が出る前、『生活費の援助』という名目で、親に頼んで借金返済のためのお金を出してもらうことがありますね。



また、生活には特に困っていなくても、たとえば銀行からの高額な住宅ローンなどの借金がある場合に、親が出してくれようとする場合もあります。



こんなとき、その親の好意に甘えてそのままお金を出してもらっても良いものなのでしょうか。



親に借りて借金を返済することについて、何かデメリットや注意点はないのでしょうか。



実は、ここで問題になるのが「借りる」と「もらう」のは大違いだということです。



借金返済のお金を親に(タダで)出してもらった場合は、そのお金をあなたが親からもらったことになってしまい、高額な贈与税が課されることがあります。



これに対し、子供が親にお金を借りた場合には基本的には贈与税はかからないことになります。



あなたが債務超過状態で、到底自力では借金返済が出来ないような場合であれば、親に借金分のお金を出してもらっても贈与税はかかりません。



あとは、なるべく親に頼らないための方法も覚えておくと良いです。



借金返済方法の極意とは?早く楽に完済できる3つの対策とは?



とはいえ、自力では返済できないほどの借金を抱えてしまった時はどうすればいいでしょうか。



親に借りると贈与税がかかる?


親に借りると贈与税がかかる?


しかし、ここで気をつけないといけないのは、親に借りて借金返済をする場合であっても、その方法を間違えると税務署から贈与税を課税されることがあり得るということです。



たとえば住宅ローンの返済を親が肩代わりしてくれたケースなどでよくあるトラブルです。



税務署から見ると、親が子供にお金を出してあげたのか、貸してあげたのかは区別が出来ません。



よって、外形的に見て親がお金を出してあげていたら、基本的に贈与があったと見なすしかない、という理由によって課税されるのです。



家族の間ではいくらお金の貸し借りがあったと主張しても、税務署が納得しなければどうしようもありません。父親、母親から借りた場合でも兄弟から借りたばあいでも同様です。



よって、もし親にお金を借りて借金返済をする場合には、しっかりとお金を借りたという証拠を残しておくことが大切です。



スポンサーリンク




親に借りる場合のポイント





親からお金を借りて借金返済をする場合、どのような点がポイントになるのでしょうか。



この場合、お金の貸し借りがあったと言うことの証拠をしっかり残しておくことが重要だということは先ほど述べました。



そのためには、まずはしっかりと金銭諸費貸借契約書を作っておくことです。



その際、きちんと返済方法や返済期日、さらには利息を定めておくことも大切です。



単に貸したというだけでいつ返しても良い、というのではお金をあげたのも同然だからです。



さらに、お金は月々返済していくことにして、その支払い方法は銀行預金などへの振り込み送金にしましょう。



振り込み送金にする理由は、振り込み送金ならば、月々支払った記録がしっかり残っていくので、確かにお金の返済を続けているという明確な証拠になるからです。



このように、親にお金を借りて借金返済をする場合には、契約書をしっかり作成して支払方法は銀行振り込みにすることがおすすめです。



契約書の作り方がわからなければ、弁護士などの専門家に相談して作成してもらっても良いでしょう。



まとめ




・親にお金を出してもらって借金返済する場合、「親に借りる」と「親にもらう」では大違いであり、もらったとみなされないようにすることが大切。



・借金返済で親に借りるなら、金銭消費貸借契約書をきちんと作成して、親へのお金の返済方法は銀行振り込みにする。



スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ