借金返済方法の極意とは?早く楽に完済できる3つの対策とは?

借金返済方法の極意を知りたい!


こんにちは、WAKAKOです。



借金をして返済を続けている状況なら、とにかく早く楽に完済してしまいたいものです。



借金返済方法に極意などというものがあるなら、是非とも知っておきたいところですよね。



そこで今回、私が考える借金返済方法の極意について、特に即効性の高い対策について3つに絞りご紹介します。




<スポンサードリンク>

岡田法律事務所




借金返済の極意その1:利息に注目


借金返済の極意 利息に注目


借金返済を続けていても、たとえば多数の金融機関からの借入があって多重債務状態に陥っているような場合、いつまでこの状況が続くのかと思うと憂鬱になることもあります。



早く借金から解放されたいということは、誰しもが望むことでしょう。



では、どのようにすれば早く賢く借金問題を解決することができるのでしょうか。



まずはじめに着目したいのは、借金の利息。



現在は、利息制限法という法律によって利息が厳しく規制されていますが、それでも借金の利息は年利15%以上の高金利であることが多いです。



このように高い利息を支払っているのですから、なかなか借金が減らないのも当然と言えば当然なのです。



賢く借金返済したいなら、この利息をいかに低く抑えるかということが重要になります。



よって、借入をするならなるべく利息の低い業者から借入をしましょう




同じ消費者金融会社のキャッシングやカードローンなどでも、各社によって借入金利は違います。



また、金利が高くなる小額の借金を複数業者で契約している場合、1つにまとめて金利を大幅に下げるという対策があります。



いわゆるおまとめローンです。



たとえば、複数の消費者金融で平均利息15%で数百万円を借金しているなら、利子5%の銀行カードローンにまとめてしまうことで、利率が10%圧縮できるだけでなく、返済手続きも楽になります。



このように、もし現在の借入先よりも、金利が低いサービスがあれば、そちらに借り換えた方が完済への道に近づけるということになります。



なお、『借金返済の裏技』として、ノーローン(期間限定の無利息サービス)を自転車操業的に借り続ける方法がありますね。



あまりおすすめできませんが、やり方の詳細やデメリットを以下の記事でまとめておりますので、参考情報としてチェックしてみて下さい。



借金返済の裏ワザは?ノーローン利用や債務整理の効果は?



それから、近い将来、結婚する可能性がある場合、借金問題を抱えたまま結婚し、その後バレて離婚に発展する可能性がありますので、事前に正直に話して借金を整理すると良いです。



借金が結婚に与える影響は?相手に借金返済中の旨を伝えるべき?



借金返済の極意その2:債務整理を行う


借金返済の極意 債務整理を行う


借金返済の極意としてやはりおすすめなのは、任意整理を始めとした債務整理。



債務整理とは、法的に借金を整理する方法です。



債務整理には、債権者と直接交渉をして将来利息の支払いをカットするなどして返済方法を合意する任意整理や、裁判所を介して大幅に借金を減額してもらえる個人再生、借金を完全に0にしてもらう自己破産など、いくつかの種類があります。



この手続き中で過払い金が発見されることもあります。



これらの債務整理手続きをとると、どの手続きをとっても手続き以後の利息を支払う必要はありません。



それだけでもかなり借金の重圧が軽減されることになります。



また、自己破産した際には、数百万円、数千万円のいくら多額の金額の借金があっても完全に0になります。



このように、債務整理手続きは、借金問題を劇的に解決する機能を持ちますので、借金返済の極意としては、もっとも即効性がある制度です。



債務整理をするときには、弁護士や司法書士などの専門家に相談依頼するのがおすすめです。



最近では、無料で何度も相談に応じてくれ、初期費用0円、土日・全国対応といった法律事務所もあります。



自分なりにホームページで検索してみて、気に入った法律事務所があれば、相談してみると良いでしょう。



借金返済の極意その3:自分に合った手続を選択する




借金返済の極意としてもう一つ覚えておきたいことがあります。



それは、債務整理をする際は、自分に合った手続選択をすることが大切だということです。



多額の借金があっても、財産があって守りたいなら自己破産すると財産を守ることが出来なくなるのでおすすめできません。



住宅があって守りたいなら個人再生がおすすめですし、いくつかの金融会社などから借入をしていて、一部についてだけ債務整理したい場合などは任意整理を選択する必要があります。



これらの手続選択は、しろうとが自分で判断するのは困難ですので、弁護士などの専門家に相談して、最も適した手続きがどれかについて回答を得てから手続きに取りかかると良いでしょう。



とはいえ、いきなり弁護士に相談するとなると、真理的・金銭的なハードルが高いです。



そこで、自分にあった手続選択をする際に役立つのが、『借金返済シミュレーションツール』。



いきなり弁護士事務所に連絡するハードルを下げることができ、より冷静に、正確な判断をするための手助けになるはずです。



借金返済シミュレーションツール


無料の借金返済シミュレーションツールを見てみる




まとめ




・借金返済の極意として、借金の利息が低い方が返済には有利になる。

・借金返済の極意として、任意整理を始めとした債務整理が有効な手段である。

・その際、自分に合った手続選択が大切で、専門家である弁護士に相談すべき。

・相談前に、借金返済シミュレーションツールなどの活用も効果的。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ