借金を相続しない方法は相続放棄!どのような場合に効果的?

借金を相続しない方法は相続放棄!どのような場合に効果的?


こんにちは、WAKAKOです。



自分が借金していなくても親などが借金していると、借金を相続することがあります。借金を相続したくない場合には相続放棄という方法を執ることができます。しかし、相続放棄はどのような場合にも効果的なのでしょうか。



今回は、借金を相続したくない場合の相続放棄について解説します。



スポンサーリンク






1. 借金も相続の対象になる!




借金も相続の対象になる!


自分には借金がなくても、親などが消費者金融会社やクレジットカードなどで借金している場合には、相続によって借金を相続してしまうのではないかという問題があります。



遺言作成などしていない場合、親の死後に、隠れていた借金が見つかることもあります。



このような場合、そもそも借金は相続の対象になるのでしょうか。



実は、借金も相続の対象になってしまいます。



預貯金や現金、不動産などのプラスの財産はもちろん遺産として遺産相続の対象になりますが、負の遺産である借金や負債もまた、法定相続分に従って相続人に相続されてしまうのです。



よって、親などの被相続人に借金があって、自分が相続人になっている場合には、放っておくと単純承認して親の借金を相続することになってしまいます。



すると、親の死後などには債権者は相続人に対して支払の請求をしてくることになります。



普通は、このような借金の相続は避けたいと考えるものです。



借金の相続を避ける方法はないものでしょうか。



スポンサーリンク




2. 借金を相続しない方法は相続放棄!




借金を相続しない方法は相続放棄!


自分に借金がなくても親などに借金がある場合、借金も相続の対象になることはわかりました。



では、このような借金の相続を避ける方法はないのでしょうか。個人再生や任意整理などの債務整理するしか方法がないのかが心配なところです。



借金の相続を避けるためには、相続放棄という方法が有効です。相続放棄とは、相続全体をしないことです。



相続自体をしないことになるので、もちろん借金の相続もしません。相続放棄すると、債権者に対して返済義務がなくなるので、債権者から支払い請求があっても相続放棄を理由にして返済を断ることが可能になります。



相続放棄をする場合には、家庭裁判所に申立をして「相続放棄の申述」という手続きをします。



相続放棄の手続きは、原則として相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内にしないといけないので、早めに手続きをするようにしましょう。



手続きがわからなければ綜合法律事務所の弁護士や司法書士などに手続きを依頼することも可能です。



3. 借金の相続放棄が有効な場合とそうでない場合




借金を相続したくない場合には相続放棄が有効だと言いましたが、相続放棄はいつでも有効になるわけではありません。



それは、相続放棄をすると、相続全体をしないことになるので、プラスの相続財産も相続出来なくなってしまうからです。



たとえば実家の不動産がある場合なども、相続放棄すると相続することが出来なくなります。



この場合には、他に相続人がいればその相続人が相続しますし、他に相続人がいなければ遺産は国庫に帰属(国のものになる)することになってしまいます。



よって、相続放棄する場合には本当に相続放棄することが得になるのかどうかをしっかり検討する必要があります。



具体的には、プラスの財産とマイナスの財産をきちんと計算して、プラスの財産がマイナスの財産より多い場合には相続放棄しない方が良いということになります。



もし、すぐにはプラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いか計算出来ない場合には、限定承認という方法を執ることが出来ます。



限定承認をすると、プラスの財産の方が多い場合にはプラスの部分だけ相続出来ますし、マイナスの財産(借金)の方が大きい場合には全体を相続しなくて済むことになります。



限定承認を利用したい場合にも、相続放棄の場合と同様家庭裁判所で手続きを執ることになります。



まとめ




  • 借金も相続の対象になる。
  • 借金したくない場合には相続放棄することが有効である。
  • 相続放棄するとプラスの財産も相続出来ない。
  • プラスかマイナスがわからない場合には限定承認する方法が効果的である。



  • スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ