借金回収方法は裁判と強制執行!早期に取り組むことが重要!

金回収方法は裁判と強制執行!早期に取り組むことが重要!


こんにちは、WAKAKOです。

人にお金を貸している場合、その人がきちんと返済してくれるとは限りません。

返済が滞ると借金回収をする必要がありますが、借金回収方法は具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。

借金回収する際の注意点なども知りたいところです。

今回は借金回収方法について解説します。

スポンサーリンク





1. 借金回収は内容証明郵便で督促




借金回収は内容証明郵便で督促


人にお金を貸している場合、その人がきちんと約束通りに借金返済してくれるとは限りません。

返済が滞ったら、借金回収する必要があります。

このとき、具体的にどのような方法で借金回収することが可能なのでしょうか。

借金回収する場合には、まずは債務者本人に連絡をして、借金返済するように督促します。

その方法は、電話をかけたり、訪ねていって借金返済するように交渉しても良いでしょう。

借金返済の督促状を送ることも有効です。

借金返済の督促状を送る際には、証拠が残るように「内容証明郵便」という郵便方法を用いることが多いです。

内容証明郵便には、「~までに〇〇万円をお支払いください」と記載し、振込先の口座などを書き入れましょう。

そして、借金を支払うことを要求するとともに、もし支払の無い場合には裁判や差し押さえを行う予定であるという旨記載しておくと効果的です。

借金回収する場合であっても、相手を脅迫するなど度を超えた取り立て行為をすると、恐喝罪などの犯罪が成立してしまうこともあるので注意しましょう。

これらの借金回収方法は、売掛金回収方法も同じです。

スポンサーリンク




2. 借金回収するなら裁判と強制執行をする




借金回収するなら裁判と強制執行をする


借金回収の方法は、まずは電話や郵便で督促をするということは説明しました。

しかし、電話や郵便を送っても支払をしない相手方の場合にはどうしたらよいのでしょうか。

この場合には、裁判を起こす必要があります。

裁判の方法にはいくつかあります。借金の金額が少ない場合には少額訴訟も利用出来ます。

また、通常の裁判ではなく支払督促という手続きを利用すると、通常裁判よりも短い期間で支払い命令を出してもらうことが出来るケースがあります。

相手方が裁判で争ってくる可能性が低そうな場合には、通常裁判より支払い督促の方が手間も期間も短くて済むのでおすすめです。

そして、これらの裁判で判決や支払い命令の決定が出たら、それらの決定にもとづいて相手方の財産に強制執行をすることが出来ます。

強制執行というのはいわゆる差し押さえのことです。

強制執行により相手方の預貯金や給料等を差し押さえることによって、借金回収することが出来ます。

なお、公正証書を作成している場合には、裁判無しにいきなり強制執行できるというメリットがあります。

もし、裁判や強制執行の方法がわからなければ、弁護士などの専門家に相談依頼して、法的なサービスを受けることも可能です。

3. 借金回収したいなら早期に行動を起こす!

借金回収する方法については理解できたことでしょう。

このように借金回収する場合いは、注意しないといけないことがあります。

それは、効果的に借金回収したいなら早期に行動を起こす必要があると言うことです。

通常借金しているような人は、1件だけではなく多数の借金をかかえていることが多いです。

そして、滞納している借金も1件だけではないので、多数の債権者が借金の取立にかかってきます。

すると、早期に回収にかかった人は取り立てが出来るけれども後から取り立てをしようとした人の頃にはすでに取り立てるべき財産がなくなっている、という事態が起こりがちです。

また、時間が経つと借金が時効消滅してしまうこともあります。

さらに、取り立てに困った債務者が自己破産などの手続きをしてしまうかも知れません。

自己破産されてしまったら、基本的に借金回収は困難になります。

よって、借金回収は早期に動けば動くほど効果的です。

まとめ

  • 借金回収の方法は、まずは電話や郵便で督促をする。
  • 借金回収の方法は、裁判を起こして判決をもらい、それにもとづいて債務者の財産に強制執行する。
  • 債権回収する場合には、できるだけ早く行動を起こす。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ