債務整理後に住宅ローンが組みたい!審査に通る方法は?

債務整理後に住宅ローンが組みたい!審査に通る方法は?


こんにちは、WAKAKOです。



債務整理をすると、借金返済に苦しんでいる場合問題が劇的に解決することが多いですが、債務整理後住宅ローンを組むことは難しくなります。



何とか、債務整理後スムーズに住宅ローン審査に通る方法はないものでしょうか。



そこで今回は、債務整理後に住宅ローンを組む方法について解説します。



スポンサーリンク






債務整理後は住宅ローンが組めなくなる?




債務整理後は住宅ローンが組めなくなる?


債務整理をすると、支払いが苦しかった借金問題が劇的に解決します。



債務整理手続きには、任意整理や個人再生、自己破産などの種類がありますが、これらのどの手続きをとってもいわゆるブラックリスト状態になってその後の借り入れが出来なくなります。



すなわち、債務整理手続きを執った後、任意整理後などは、信用機関の保有する個人信用情報に事故情報が記録されてしまい、金融機関による融資の審査が通らなくなってしまうのです。



クレジットカードも発行できなくなります。



この状態を俗にブラックリストと言っているのであり、実際にそのようなリストがあるわけではありません。



こうなると、住宅金融支援機構のフラット35や銀行など、どこの金融機関に相談しても審査に通ることが出来なくなり、住宅ローン融資を受けることが出来なくなってしまいます。



よって、債務整理後は原則として住宅ローンを組むことは出来ません。



ただし、この事故情報は約7年の期間が経過すれば消除されます。



もっと早く5年くらい経つと事故情報が消除されることもあります。



よって、債務整理後約5年~7年の間は住宅ローンが組めないというのが正確な理解になります。



任意整理後や個人再生後の支払いを完済してからも、数年間は住宅ローンが組めない状態が続くこともあります。



スポンサーリンク




債務整理後住宅ローンを組むには信用情報を確認する




債務整理後住宅ローンを組むには信用情報を確認する


債務整理後どうしてもマイホームが欲しい場合、住宅ローンを組むには、手続き後5~7年くらい経ってから再度審査を受けてみることが基本になります。



5年くらい経ったらブラックリスト状態から解放されている可能性がありますので、急いでいる場合には債務整理5年が経過した頃、一度住宅ローン申請を検討してみると良いでしょう。



ただし、このときにもいくつか注意点があります。



まず、先ほど説明した信用機関の個人信用情報については、その情報の本人であれば個人情報開示請求により確認することが可能です。



そこで、債務整理後住宅ローン審査を申し込むときには、自分で信用機関に個人情報開示請求をして事故情報が残っているかどうか確認してみましょう。



もし情報が残っていたら住宅ローンを申し込んでもまず通らないので、消除されるまで待ちましょう。



事故情報が消えていたら、具体的に住宅ローン審査を申し込むと良いでしょう。



債務整理後住宅ローンを組むには債務整理していない銀行を選ぶ




債務整理後住宅ローン審査に通るためのポイントとして、もう一つ注意しておきたい点があります。



それは、住宅ローンを申し込む銀行などの金融機関の選び方です。



住宅ローンを申請する金融機関は、過去の債務整理の対象にしていない金融機関を選びましょう。



たとえば銀行カードローンを整理した場合などは、その銀行は避けた方が無難でしょう。



それ以外にも、銀行系の消費者金融というものがあります。



たとえばアコムは三菱東京UFJ銀行と提携していますし、プロミスは三井住友銀行と提携しています。



過去に債務整理した際に、このように銀行と提携関係のある消費者金融のキャッシングを対象とした場合などは、その情報が提携銀行に伝わっている可能性があります。



このような場合は、過去に整理した消費者金融会社と提携している銀行への住宅ローン申請は避けた方が無難でしょう。



住宅ローン申請をするときには、過去に整理した消費者金融と提携関係にない金融機関に申し込みをしましょう。



まとめ




・債務整理後約5年~7年間はブラックリスト状態になり住宅ローン審査が通らなくなる。



・債務整理後住宅ローンを組みたければ事前に個人信用情報を確認する。



・債務整理後住宅ローンを組む場合は、過去に整理した消費者金融と提携している銀行は避けた方が無難である。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒債務整理中でも融資可能な金融業者は?利用しても大丈夫なの?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ