債務整理中でも融資可能な金融業者は?利用しても大丈夫なの?

利用しても大丈夫?債務整理中でも融資可能業者があるらしい



こんにちは、WAKAKOです。




債務整理は借金問題解決のために有用ですが、債務整理をすると借入ができなくなるデメリットがあります。




でも、債務整理中でも融資可能な業者があるようです。



こういう業者、利用しても大丈夫なのでしょうか。




そこで今回は、債務整理中でも融資可能な業者について、一緒に考えてみましょう。



スポンサーリンク





債務整理をすると借り入れができなくなる!


債務整理をすると借り入れができなくなる!


債務整理は、借金問題を根本的に解決するためにとても有効です。



手続きも、債権者と直接交渉して返済額や返済方法を話し合う任意整理、借金を大幅に減額してもらえる個人再生、借金を0にしてもらえる自己破産など、とてもさまざまです。



このような中から自分に合った手続きを選択できますし、ほとんどどのようなケースにも対処できます。



ギャンブルで背負ってしまった借金でも債務整理することは可能です。



ギャンブルでも自己破産できる?裁量免責を獲得する方法とは?



でも、この便利な債務整理にもデメリットがあります。



その1つに、債務整理をすると、借入ができなくなる事が挙げられます。



裁判所を利用しない任意整理でも同じで、任意整理後もやはり借入はできません。



銀行やカードローンの融資も受けられませんし、クレジットカードも作れません。



(任意整理中でも家族に収入があれば家族名義のクレジットカードは作ることはできます。)



消費者金融のキャッシングも利用できませんし、車のローンなども組むことはできません。



たとえば車がほしければ、一括支払いで購入する必要があります。



車は数十万~数百万円することもありますから、結構大変ですね。



これは、債務整理に入ると、個人信用情報に事故情報が登録されてしまうからです。



各金融機関、金融会社は、融資などの申し込みがあると、この信用情報を参照して、延滞などの問題行為がないかどうかをチェックして審査することによって、実際に融資するかどうかを決めています。



ところが、債務整理すると、この信用情報に事故情報が記載されてしまいます。



そこで、このローン審査の際に、事故情報がばれてしまって審査が通らなくなります。



このようにして、借金ができなくなるのです。



これは、いわゆる「ブラックリスト」「ブラック」などと呼ばれている状態です。



任意整理でも個人再生でも自己破産でも、このブラック状態を避けることはできませんし、どこの金融会社に相談しても同じです。



ただ、過払い金返還請求をしただけでは、ブラック状態にはなりません。



債務整理のデメリットは、他にもいくつかあります。詳しくは、以下の記事でまとめておりますので、合わせてチェックしてください。



債務整理のデメリット3つ!配偶者への影響は?結婚前がおすすめ?



スポンサーリンク




債務整理中でも融資可能な業者がある!


債務整理中でも融資可能な業者をオススメしない理由


このように、債務整理をすると、債務整理中や債務整理後に借入ができなくなるというデメリットがあります。



でも、そんな中でも「債務整理中(任意整理中)でも融資可能」をうたっている業者があります。



債務整理中(任意整理中)でも融資可能な業者の口コミや評判などをまとめたサイトもあります。



検索したら、フクホーやライフティ、キャッシングエニー、楽天銀行などの名前が出てくるかもしれません。



ただ、楽天銀行は総量規制対象外の審査をしているだけで、ブラックでも審査がとおるという意味ではありません。



その他、債務整理中でも融資可能な業者はあるのかもしれませんが、このような業者を利用しても大丈夫なのでしょうか。



スポンサーリンク




債務整理中でも融資可能な業者はおすすめできない!




私としては、債務整理中でも融資可能な業者(金融会社)の利用はおすすめできません。



なぜかというと、債権者の側から考えてみてほしいのですが、債務整理で事故情報が載った人というのは、借金が返済できなくて債務整理にまで入った人ですから、今後きちんと返済してくれる可能性は、他の人たちと比べて相当低い人たちと言えます。



このような人たちにもお金を貸して、それでも貸金業の経営をきちんとしていかないといけないのですから、これらの業者(金融会社)はそのリスクを抑える手段を講じているはずです。



それは、すなわち「高金利」「厳しい取立」ということにつながります。



つまり、債務整理中でも融資可能な業者というのは、リスクの高い人たちにもお金を貸す一方で、金利を高くしたり取立を厳しくすることで、なんとか採算を取っているわけです。




これを債務者の側から見ると、「金利は高い」「取立は厳しい」のですから、良いところなどありません。



大手ではなく、中堅消費者金融や、小規模の消費者金融であることが多いですね。



よって、債務整理中でも融資可能な業者は利用しない方が良いのです。



スポンサーリンク




まとめ


・債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が登録されるので、債務整理中や債務整理後の借入ができなくなる。

債務整理中でも融資可能な業者がある。

・債務整理中でも融資可能な業者は、高金利、取立が厳しいなどの問題があるので利用はおすすめできない。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ