債務整理で弁護士費用が払えない!こんなときどうする?

こんなときどうする?債務整理で弁護士費用が払えない!


こんにちは、WAKAKOです。



債務整理をすると、借金返済が苦しい状況を劇的に解決出来ますが、債務整理は一般的に弁護士や司法書士に依頼することが多いです。



しかし、弁護士費用や司法書士報酬は高額なことも多く、支払えないときはいったいどうしたら良いのでしょうか。



そこで今回は、弁護士費用が払えない場合の代表的な対処法を3つ解説します。




スポンサーリンク






債務整理で弁護士費用が払えない場合の対策1 まずは費用相場を知る


債務整理にかかる費用相場を知る


債務整理をすると、プロミスなどの消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどの借金問題が一挙に解決出来るのでおすすめです。



確かにブラックリスト状態になり融資の事前審査には通らなくなりますが、借金を滞納してもブラックリストには載るので、滞納して苦しむくらいなら債務整理手続きをすべきです。



しかし、債務整理には専門的な手続きや利息の計算などが必要になりますし、高金利で取引していて過払い金が発生していたら債権者(ローン会社や消費者金融)と交渉して取り戻すなどの作業も必要になります。



任意整理と個人再生、自己破産などの手続選択の問題もあり、個人がしろうとで対応するのはとても困難です。



しかし、弁護士などの費用はとても高額なイメージがあります。



費用が払えない問題がある場合はどのようにするのが良いのでしょうか。



弁護士の費用が払えないと考える前に、まずは弁護士の費用の相場を知ることが大切です。



たとえば、債務整理の内容別に、着手金の相場を見てみますと、



  • 任意整理なら債権者一件について着手金2万~4万円

  • 個人再生なら着手金が30万~50万円

  • 自己破産なら着手金が20万~50万円



  • くらいになります。



    このような金額の相場感を正しく知ってこそ、費用の支払い方を考えることも出来るというものです。



    間違っても、弁護士費用を用意するために新規で消費者金融系の即日融資可能なキャッシングなどを利用して、さらに借金を重ねてはいけません。



    債務整理中でも融資可能な金融業者は?利用しても大丈夫なの?



    また、合わせて債務整理によるデメリットも事前にしっかり把握しておきましょう。



    債務整理のデメリット3つ!配偶者への影響は?結婚前がおすすめ?



    スポンサーリンク




    債務整理で弁護士費用が払えない場合の対策2 弁護士費用が払いやすい事務所を探す


    債務整理の弁護士費用が払いやすい事務所を探す


    弁護士費用の金額相場がわかったら、その相場と比べながらなるべく費用の安い事務所を探してみましょう。



    また、費用が安いだけではなく払いやすい事務所を探すことも大切です。



    費用が払いやすいというのは、たとえば分割払いを受け付けてくれるかどうかなどの問題です。




    分割払いの場合、通常は無利息です。



    長期分割を受け付けてくれる事務所であれば、とりあえず今手元にお金がない状態でも依頼しやすいです。



    また、弁護士に債務整理に介入してもらうと、債権者らからの督促が止まりしばらくの間支払いをしなくて良くなりますので、今まで借金返済に充てていたお金を弁護士費用の分割払いに充てることによって、弁護士費用を支払うことが出来るようになります。



    弁護士費用を分割払いにした場合、費用の支払いと借金返済の両方を遅滞なく行う必要があります。



    借金返済の滞納が続くと、結果的に一括請求や場合によっては強制執行となります。



    また、弁護士費用を延滞すると、弁護士の辞任となる場合があり、そうなると取り立てが再開する可能性があります。



    スポンサーリンク




    ●関連動画





    債務整理で弁護士費用が払えない場合の対策3 債務整理の費用無料相談を利用する




    弁護士費用の楽な支払い方法を考えるときに、もう一つ利用したい制度があります。



    それは、各種の無料相談です。



    たとえばインターネット上のホームページを検索してみると、債務整理の無料相談を受け付けている法律事務所があります。



    これらのうち気になる弁護士事務所を複数見繕って法律相談を受け、その際かかる弁護士費用の詳細を聞いたり、分割払いの希望を伝えて支払い条件について相談に乗ってくれるかどうかを尋ねてみたりして、費用の支払いがしやすそうな事務所と契約しましょう。



    また、自治体の法律相談や法テラスの法律相談なども無料で行われています。



    特に法テラスを利用すると、一定以下の資力の人の場合は債務整理を月々1万円程度の分割払いで依頼することが出来ますし、生活保護の方のケースなら費用無料で債務整理手続きを依頼することが可能です。



    一方、法テラスの対応弁護士の立場からすると低報酬の割には重たい案件が多く、あまり真剣にとりあってくれない弁護士に当たってしまうケースが実際のところあります。



    よって、スムーズかつ確実に借金の悩みを解決したいならば、やはり、債務整理の無料相談を受け付けている弁護士事務所に相談する事をおすすめします。



    まとめ


  • 債務整理の弁護士費用が支払えない場合は、まずは費用の相場を知ることが大切。

  • 債務整理の弁護士費用が支払えない場合は、費用が安いだけではなく支払いやすい事務所を探す。

  • 債務整理の弁護士費用が支払えない場合、各種の無料相談を利用するのがおすすめ。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ