債務整理のデメリット3つ!配偶者への影響は?結婚前がおすすめ?

債務整理のデメリット!配偶者への影響は?結婚前がおすすめ?


こんにちは、WAKAKOです。



債務整理をすると、借金問題が根本的に解決出来ますが、いったいどんなデメリットがあるのでしょうか?



例えば、夫や妻などの配偶者がいる場合にデメリットが及ぶことはないのでしょうか。




また、債務整理するなら結婚前か結婚後かどちらがおすすめなのでしょうか。



そこで今回は、債務整理した場合のデメリットについて、よくあるケースを3つ取りあげて解説します。



スポンサーリンク






債務整理の想定デメリット1. 配偶者に請求が来るなどのデメリットはあるの?


債務整理しても配偶者へ請求はされない


借金がかさんできて返済が苦しくなっている場合、毎月コツコツ返済していくのも一つの方法ですが、自力ではどうにもならなくなることがあります。



債務整理には、自己破産や個人再生、任意整理などいくつかの種類があり、その中から自分に合った手続きを選択出来るメリットがあります。



この債務整理手続きの中で過払い金が発見されることもあり、もしあれば過払い金返還請求をすることも可能だというメリットもあります。



このように便利な債務整理ですが、債務整理すると配偶者に何かデメリットが及ぶことはあるのでしょうか。



たとえば、本人の代わりに配偶者に対し、借金の請求が来ることがあるのかという相談がとても多いです。



この質問に対する回答としては、配偶者には請求は来ないということになります。



借金に関しては、完全に個人主義となっていますので、たとえ配偶者や親子などの家族であったり兄弟などの親族であっても、他社の借金返済義務を負うことはありません。



他人の借金返済義務を負うのは、借金の保証人(連帯保証人)になっている場合などが代表的なケースです。



よって、債務整理をしても基本的には配偶者に対し、直接的なデメリットはないと考えて良いでしょう。



スポンサーリンク




債務整理の想定デメリット2 借入が出来なくなるの?


債務整理すると借入が出来なくなる



ここで一つ注意したいことがあります。



それは債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が記録されてその後はどこの金融機関に相談しても、融資の審査が降りなくなってしまうと言うことです。



弁護士などの専門家に対応を依頼しても回答は同じです。



⇒債務整理中でも融資可能な金融業者は?利用しても大丈夫なの?



たとえば、消費者金融会社のキャッシングや銀行カードローンなどはもちろんのこと、住宅ローンや車のローンも組めませんし、クレジットカードも作れなくなります。



今まで使っていたクレジットカードが利用停止になることもあります。



このような状態は俗にブラックリストとも呼ばれます。



任意整理後など、債務整理をするとこのブラックリスト状態になるのがデメリットであるとも言われます。



そして、債務整理をしてブラックリスト状態になると、住宅ローンが利用できなくなったりクレジットカードも発行できなくなるので、結婚生活に支障が出ることがあります。




配偶者がいてマイホームを購入したいと思っても、債務整理をしているせいで住宅ローンは組めません。



配偶者に収入があって配偶者名義で借入ができたりクレジットカードが作れたら良いですが、配偶者が専業主婦の場合などは、ローンも組めずクレジットカードも無しの生活を約7年もの間続けていかないといけなくなります。



スポンサーリンク




債務整理のデメリット3 債務整理するなら結婚前後のどちらがいい?何か不利があるの?




では、債務整理は結婚前か結婚後かどちらにするのが良いのでしょうか。



配偶者に対する影響がないなら、結婚前でも後でも変わらないのでしょうか。



確かに、この点については少なくとも法的には大きな差はないとも考えられます。



ただ、結婚前に債務整理しないで借金に浸かったまま結婚してしまうと、結婚後多額の借金返済を続けていかないといけなくなり、結婚生活に多大な支障が出る可能性があります。



結婚するときに借金のことを夫に打ち明けずに結婚してしまい、結婚後にばれたことで信頼関係が崩れ、離婚問題に発展することもあります。



このようなリスクを考えると、借金があって返済が出来ないなら結婚前にきれいに債務整理してしまってから結婚するのがおすすめです。




以下の記事で、さらに詳しく紹介しておりますので、結婚の可能性がある場合は、合わせてチェックしてみて下さい。



借金が結婚に与える影響は?相手に借金返済中の旨を伝えるべき?



債務整理の手続きは、専門性が高く、弁護士の先生に相談するのが一般的ですが、数ある弁護士事務所の中で、どこに契約すべきか迷ってしまうかもしれませんね。



個人的におすすめの弁護士事務所は、東京ロータス法律事務所です。



相談なら何度でも無料・初期費用も0円であることと、休日含め全国でメール無料相談に応じてくれ、『今すぐ相談したい!』というニーズにも応えてくれるからです。




 東京ロータス法律事務所の詳細を見てみる


まとめ


・債務整理をしても配偶者に借金の請求が来ることはなく、配偶者に対する直接的なデメリットはない。

・債務整理をするとブラックリスト状態になるので、結婚生活に支障が出ることはある。

・債務整理するなら結婚前にしてしまうのがおすすめ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ