リボ払いで借金地獄に!解決方法は債務整理!

リボ払いで借金地獄に!解決方法は債務整理


こんにちは、WAKAKOです。



クレジットカードのキャッシングやショッピングなどでリボ払いが原因で借金地獄に陥ってしまう人がいます。



そもそもリボ払いとはどのような仕組みで、借金地獄に陥った場合の解決法はどうすれば良いのでしょうか。



今回はリボ払いで借金地獄に陥った場合の対処法について解説します。



スポンサーリンク






1. 借金地獄の原因であるリボ払いとは




借金地獄の原因であるリボ払いとは


クレジットカードは、1枚あればキャッシングやショッピングが利用出来てとても便利です。



楽天などのクレジットカード(クレカ)会社への支払い方法には、一括払いの他に分割払いやリボ払いがあります。



この中でもリボ払いを利用すると、月々の返済額が増えないので一見返済が楽に見えます。



そこで、リボ払いをどんどん利用して借金地獄に陥ってしまう人がいます。



リボ払いの借金地獄についてのネット上のコメントなども多いです。



そもそもリボ払いとは、いったいどのような仕組みなのでしょうか。



リボ払いは、どれだけの債務を負っても月々の返済額が一定金額であるという返済方法のことです。



この「月々の返済額が一定」という点がリボ払いのポイントです。



たとえばリボ払いで月々の返済額を2万円に設定します。



この場合に10万円の買い物をしたら、その10万円と利息(手数料)を月々2万円ずつ返済します。



さらに追加で10万円借りたら、合計20万円と利息(手数料)を月々2万円ずつ返済します。



このようにして、借入額がいくら増えても返済金額は2万円で変わりません。



その代わり、返済期間がその分後へ後へとずれ込んでいきます。



この点、分割払いなら借金の金額が増えると共に自動的に月額の返済金額も増えてしまうので、借金額が増えすぎると返済が苦しくなります。



以上のようにリボ払いには、月額の返済額を抑えられるので、収入が少なくてもいくらでも簡単に利用出来るという特徴があります。



スポンサーリンク




2. リボ払いで借金地獄に陥る理由




リボ払いで借金地獄に陥る理由


リボ払いの仕組みや特徴は理解できましたが、リボ払いで借金地獄に陥るのはどのような理由なのでしょうか。



リボ払いでは、どれだけ借り入れ金額が増えても月々の返済額は増えません。



その代わり、返済期間が借入金額の分後へ延びていきます。



このようにして、延々と返済期間が続くことになります。



すると、長期間にわたる返済期間における金利利息の支払金額は莫大になり、さらに借金額が莫大であることから、どれだけ返済をしても何ヶ月目になっても一向に元金残高が減らず、借金完済に近づかないという事態に陥ります。



このようにして、いつのまにか返済不能な金額の借金を抱える結果となり、借金地獄に陥るのです。



安易な気持ちでリボ払いを利用すると、普通の人でも簡単に借金地獄に陥ることになるので、くれぐれもリボ払いの利用は慎重にすることが大切です。



3. リボ払いの借金地獄は債務整理で解決




注意していてもクレジットカードなどのリボ払いを利用して借金地獄に陥ってしまうことがあります。



この場合には、どのような方法で借金問題を解決することが可能なのでしょうか。



リボ払いで借金地獄に陥ってしまったら、債務整理によって解決する方法が有効です。



債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の手続きの種類がありますが、自分の状況に応じた適切な手続きを執ればたいていの借金問題は解決出来ます。



リボ払いの借金も債務整理の対象になります。



リボ払い借金の場合でも、上記のどの手続きを利用することも可能です。



ただ、ショッピングのリボ払いの場合には、過払い金請求の対象になることは通常はありません。



また、債務整理手続きを利用すると個人信用情報に事故情報が記録されてブラックリスト状態になり、ローン審査に通らなくなって自分名義でクレジットカードを発行することも出来なくなることには注意が必要です。



リボ払いの借金地獄を債務整理で解決したら、しばらくの間クレジットカードの利用は出来なくなることを覚悟しましょう。



まとめ




  • クレジットカードのリボ払いは、どれだけ借金額が増えても月々の返済額が一定という返済方法である。
  • リボ払いでは返済が楽なので、いつの間にか莫大な借金をしてしまうことにより借金地獄に陥る。
  • リボ払いで借金地獄に陥った場合には債務整理で解決する。



  • スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ