自分でも手続きできる?過払い請求の方法を知りたい!

過払い請求の方法を知りたい!


こんにちは、WAKAKOです。



最近過払い請求についてご紹介していますが、過払い請求は、弁護士や司法書士に依頼しなくても、自分でも手続きできるのでしょうか。



自分で手続きすると費用はかかりませんが、そのためには、まずは過払い請求の方法を知らないといけません。



そこで、今回は過払い請求の方法について特集します。



スポンサーリンク






過払い請求で払いすぎ利息を取り戻そう




過払い請求で払いすぎ利息を取り戻そう


過払い請求の方法をご紹介する前に、簡単に過払い請求についておさらいしておきましょう。



過払い請求とは、払いすぎた利息を取り戻す手続きです。



昔は、利息制限法以上の利息をとっても罰則がなかったので、消費者金融のキャッシングやクレジットカード、ローン会社などの貸金業者の多くは、利息制限法以上の利率、高金利で貸し付けをしていました。



プロミスやアコムなどの大手も、過去は利息制限法以上の利息をとっていました。



これが、実は払う必要の無かったものだということになり、取り戻すことが認められたのです。



これが過払い返還請求(過払い請求)です。



なお、銀行の各種ローンやカードローンなどは通常利息制限法以内であることが多いです。



過払い金の金額は、ケースバイケースですが、ときには数十万円、数百万円にもなっていることもあります。



借金返済に追われていたはずなのに、このような多額の過払い金が手元に返ってくるなんて、驚くような話ですよね。



スポンサーリンク




過払い請求の方法




過払い請求の方法


では、このような過払い請求、いったいどのようにして手続きすれば良いのでしょうか。



その具体的な方法を知りたいところです。



過払い請求をするには、まず専用の利息制限法への引き直し計算ソフトが必要です。



これをインターネット上などからダウンロードします。



そして、相手方の貸金業者などから現在に至るまでのすべての取引履歴を送付してもらい、すべての取引(借入と返済)について取引日と取引金額を入力していきます。



入力が終わると、過払い金の金額が自動で計算され、算出されます。



このようにして、過払い金の金額がはじき出されたら、今度は業者に対して返還請求手続きをします。



具体的には、内容証明郵便などで返還請求書を作成して送付し、同時に普通の郵便で過払い金の計算書の写しも添付して送りましょう。



そうして業者からの回答を待って、過払い金の返還交渉をし、最終的に和解をして返還を受けます。



ここで話し合いがうまく行かなければ、裁判を起こさないといけません。



このときには、裁判の訴状を裁判所に提出して、訴訟手続きをすすめていかないといけなくなります。



裁判所で訴状の審査がありますので、間違っていたら訂正しないといけません。



結構大変ですよね。



この過払い金返還請求の方法については、他人の債務整理体験談なんかを読んでみても参考になるかもしれません。



もしご興味がありましたら、こちらの記事も合わせて読んでみてはいかがでしょうか?



参考になる?過払い請求ブログの読み方と活用法とは?



他人の体験談には、意外と知恵なんかも隠されていることがあります。



ただ、実際かなり大変であることには間違いありません。



専門家に依頼する?しない?




過払い請求の方法がわかったところで、実際この過払い金返還請求の手続きは専門家に相談依頼した方がよいのでしょうか。



先ほどご説明したとおり、過払い請求の方法は、確かに素人でも対応できないことはないですが、かなり細かな作業が多くなり、手間暇がかかります。



また、しろうとが自分で対処していると、業者が丁寧に対応しないことがあるなどのデメリットもあります。



よって、できれば過払い請求は、専門家に依頼した方が良いでしょう。



専門家に依頼するって具体的にはどういうことでしょうか?



こちらの記事で詳しく説明していますので、もしご興味がありましたらご覧ください。



過払い請求の計算方法は?弁護士に依頼した方が良い?



ただ、確かに弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、その費用はかかります。



まずは無料相談などを受けてみて、ある程度の過払い金が見込まれるかどうかの見込みを専門家に聞いてみてから依頼するかどうか検討してみても良いでしょう。



まとめ




・過払い請求は、払いすぎた利息を取り戻す手続き。



・過払い請求の方法は、専用の利息制限法引き直し計算ソフトに取引履歴を入力し、過払い金の金額を算出する。その金額を業者に返還請求して、話し合って返還の和解をする。



・過払い請求の手続きは、できれば弁護士などの専門家に依頼するのが得策。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ