参考になる?過払い請求ブログの読み方と活用法とは?


過払い請求ブログの読み方と活用法とは?


こんにちは、WAKAKOです。



最近は過払い請求についての特集を続けてきましたが、過払い請求するときには、手続きや今後の行く末などが気になって不安になることがありますよね。



こんなとき、ちょっと他人の過払い請求ブログを読むと役に立つことがあります。



そこで今回は、過払い請求ブログの読み方と活用法をご紹介します。



スポンサーリンク






他人の過払い請求ブログの読者になってみよう




他人の過払い請求ブログの読者になってみよう


今回は、過払い請求をする際に他人の過払い請求や債務整理のブログを読むことについて考えてみましょう。



ちょっとその前に、過払い請求について復習しておきましょう。



過払い請求とは、払いすぎた利息を取り戻す手続きです。



すなわち、法律の改正前は、消費者金融やクレジットカード、ローン会社などの多くの貸金業者が利息制限法以上の利息をとっていました。



ところが、その後そのような高金利での取引が認められなくなり、そのような取引がある場合に、利息制限法を超過した、払いすぎ利息を取り戻すことができるようになりました。



これが過払い金返還請求(過払い請求)です。



完済していてもしていなくても返還請求はできます。



このように、借金しているのにお金が返ってくると言う過払い請求、誰しも興味を持ちますよね。



でも、いきなり自分がこんな手続きをするのはちょっと…、という人もおられるでしょう。



そこで、おすすめしたいのが他人の過払い請求ブログや債務整理ブログの読者になってみることです。



人の過払い金請求の体験談を読むことで、親近感が得られて「これなら自分にもできるかも…」と思えて、一歩前に進むきっかけにもなりますよ。



たとえば「百万円も返ってきた!」とか「何十万円の入金があった」「和解したとおりに入金済みだった」などというブログコメントがあったら、自分も手続きしてみたいと思いませんか?



スポンサーリンク




過払い請求ブログから生の情報を得られる




過払い請求ブログから生の情報を得られる


過払い請求ブログを読むメリットとして、経験者の生の情報が得られると言うことがあります。



弁護士や司法書士に相談した場合、専門的な見地からの解説は受けられますが、依頼者の素人的な立場からの生の体験談や感想などは、なかなか得られるものではありません。



この点、個人的なブログやコメントであれば、たとえばアコム、プロミスやアイフル、セゾン、ニコス、アプラスなど業者ごとの対応が書かれていることがあります。



また、過払い金計算を含めた請求の手続きを自分でした場合と弁護士に依頼した場合のそれぞれの手続きの違いや感想が書かれていたりもします。



中には貸金業者と和解できず、裁判になっていて、裁判所に出かけていったときの記事や、「判決が出た!」などの記事もあるでしょう。



中には債務整理してブラックリストに載ってしまった人の生活の様子を綴った記事もあるかもしれません。



このように、他人のブログには、さまざまな他人の生の体験談が書かれており、このような記事から得られる生の情報には、それなりに価値があり、参考になります。



情報に振り回されないことも大切




このように、他人のブログにはいろいろと通常では得られない生の情報が書かれているので役に立つことがあります。



ただ、ここで注意しないといけないのは、他人のブログに書かれているのは必ずしも正しい情報ではないということです。



業者ごとの対応にしても、たとえば「何ヶ月かかった」「何万円入金があった」などについては事実だとしても「~は対応が悪い」「~は長くかかる」などと根拠無く感想だけ書かれているものについては鵜呑みにするのは危険です。



弁護士や司法書士などの専門家の評価も同様です。



このように、他人のブログに含まれている情報は玉石混淆で、すべてが正しいわけではないということは常に頭に置いて読む必要があります。


情報に振り回すぎないように気をつけましょう。



まとめ




・払いすぎ利息を取り戻す過払い請求をするとき、他人のブログやコメントを読むことで一歩先にすすめることがある。



・他人のブログには、素人的な生の情報が記載されているので役立つことがある。



・過払い請求ブログに書かれている情報は必ずしも正しいものとは限らない。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ