過払い金請求のデメリットはある?ブラックリスト問題は?

過払い金請求のデメリットはある?


こんにちは、WAKAKOです。



過去に消費者金融会社などと取引していた場合、過払い金請求をすると多額のお金が返ってくることがありますが、過払い金請求のデメリットはあるのでしょうか。



たとえば過払い金請求によりブラックリスト状態になるのかなどが心配になります。



今回は、過払い金請求のデメリットについて解説します。



スポンサーリンク






1. 過払い金請求してもブラックリスト状態にならない!




過払い金請求してもブラックリスト状態にならない!


グレーゾーン金利で消費者金融ローンやクレジットカード会社などの貸金業者と取引していた場合、相手方業者に対して過払い金請求が出来る可能性があります。



任意整理などの債務整理中でも、完済後でも返済中でも過払い金請求は出来ます。



過払い金請求をすると、借金していたにもかかわらず多額のお金(払いすぎ利息)が返ってくることも多いので自己破産しなくて良くなることもあり、メリットが大きいです。



しかし、過払い金請求のデメリットはないのでしょうか。たとえば過払い金請求することによってブラックリスト状態になってしまうのではないかという質問がよくあります。



ブラックリスト状態とは、個人信用情報に事故情報が記録されて、自分名義ではローンやクレジットカードの利用が出来なくなった状態のことです。



確かに、昔は過払い金請求をしたことによってブラックリスト状態になるという扱いがなされていました。



しかし、今は過払い金請求しただけの場合には事故情報は記録されず、ブラックリスト状態にはなりません。



よって、過払い金請求のデメリットとしてのブラックリスト問題については心配する必要はありません。



スポンサーリンク




2. 過払い金請求でブラックリスト状態になったら?




過払い金請求でブラックリスト状態になったら?


過払い金請求をしても、基本的にはブラックリスト状態にはなりません。



しかし、稀に間違って過払い金請求しただけで信用情報に事故情報が記録されてしまうことがあります。



このことは、1つの過払い金請求のデメリットと言えるかも知れません。



しかし、過払い金請求をしただけであるにもかかわらず、事故情報が記録されてしまった場合には、個人信用機関に対して事故情報の削除請求(訂正請求)をすることが可能です。



よって、過払い金請求をすることによってブラックリスト状態になることを、過剰に恐れる必要はないのです。



過払い金請求したことによってブラックリスト状態になったかも知れないと思う場合には、1度信用情報機関に対して個人情報開示請求をして、自分の信用情報の状態を確認しましょう。



もし過払い金請求により事故情報が記載されていれば、訂正請求をして事故情報を削除してもらうことが可能です。



3. 過払い金請求しても家族には知られない!




過払い金請求のデメリットとして、ブラックリスト以外にもよく心配される問題があります。



それは、過払い金請求をすると家族に知られるのではないかという問題です。



借金をしている人は、そもそも借金問題を家族に秘密にしている人が多いです。



ところが、過払い金請求していることがバレると、家族に借金している事実も判明してしまいます。



そこで、過払い金請求することによって、家族に知られないかどうかが心配になるのです。



回答としては、実際に、過払い金請求したからと言って家族に知られることはありません。



相手方業者から家族に通知が来ることもありませんし、手続きを依頼している弁護士などから家族に連絡されることもありません。



しかし、過払い金請求手続きを自分でしていると、どうしても相手方業者との電話でのやり取りや手紙でのやり取りが増えて、家族にバレるリスクが高まります。



家族に過払い金請求のことを知られたくない場合には、弁護士や司法書士などの専門家に対応を依頼する方法がおすすめです。



弁護士などに依頼すれば、債権者からの連絡がすべて弁護士や司法書士を通じてのものになるので、家族に借金がバレるという過払い金請求のデメリットを避けることが可能になります。



ただし弁護士などに依頼すると、何万円もの着手金などの費用がかかることには注意が必要です。



まとめ




  • 過払い金請求をしても、ブラックリスト状態はならない。
  • 過払い金請求のデメリットとして、稀に間違ってブラックリスト状態になることがあるが、その場合には事故情報の削除請求が可能である。
  • 過払い金請求のデメリットとして家族にバレるリスクを避けたければ、手続きを弁護士などの専門家に相談依頼する。



  • スポンサーリンク




    おすすめの関連記事




    ⇒過払い金シュミレーションで金額チェック!その後の手続きは?



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ