過払い金請求で利息を請求出来る!手続きの方法は?

過払い金請求で利息を請求出来る!手続きの方法は?


こんにちは、WAKAKOです。



過去に消費者金融などで借金していた場合には過払い金請求出来る可能性がありますが、過払い金には利息をつけて請求することが出来ます。



過払い利息とはどのようなもので、どのような方法で請求することが出来るのでしょうか。



今回は過払い金請求における利息請求について解説します。



スポンサーリンク






1. 過払い金の利息とは




過払い金の利息とは


過去に消費者金融会社やクレジットカード会社などに対して高利率で債務弁済していた場合、相手方業者に対して何十万円もの過払い金返還請求が出来ることがあります。



過払い金とは、利息制限法以上の利率で借金返済していた場合に発生する支払いすぎの利息のことです。



平成20年以前頃、多くのサラ金やクレジットカード会社のキャッシング取引では、利息制限法に定められた上限金利を超過するグレーゾーン金利でお金を貸し付けていました。



しかし、このように利息制限法を超過した利息については支払う必要がなかったという判断が固まったので、利息制限法を超過して支払った利息は支払いすぎの利息として返還請求出来るようになったのです。



このようにして過払い金が発生します。



そして、相手方業者に対して過払い金請求する場合には、元本だけでなく利息をつけて請求することが出来ます。



過払い金請求権の性質は、法律的には「不当利得」というものです。



これは、相手方業者が理由もないのに利益を得ている状態だから、取り戻さなければならないという考え方です。



そして、過払い金請求の場合の相手方業者は「悪意の受益者」と考えられています。悪意とは、理由がないことを知りながら利得したということです。



悪意の受益者に対しては、利息をつけて不当利得の返還請求が出来るのです。



よって、過払い金には利息をつけて請求することが可能になります。



この過払い金についた利息のことを、過払い利息と言います。



スポンサーリンク




2. 過払い金の利息の利率と発生時期




過払い金の利息の利率と発生時期


過払い金請求をする場合には、利息をつけて請求出来ることがわかりました。



では、実際に過払い金の利息である過払い利息の利率はどのくらいになるのでしょうか。



過払い利息の利率は、民事法定利率が適用されます。具体的には年利5%です。



そうなると、次に問題になるのが過払い利息の発生時期です。



過去には、業者側と消費者側で過払い利息の発生時期について争いがありました。



業者側は、過払い利息は取引が終了したときから全体の過払い金の利息が発生すると主張しましたが、これに対して消費者側は、個々の過払い金が発生したときからそれぞれの過払い利息が発生すると主張しました。



たくさんの裁判が積み重ねられた結果、平成21年9月4日最高裁判決において、過払い利息の発生時期は個々の過払い金が発生したときから計算するという判断が出ました。



よって、現在では、過払い金が発生したときからの過払い利息を請求することが出来ます。



このことにより、たとえば、取引履歴の最終完済日から長期間が経過している人などの場合、相当高額な過払い利息を請求出来る可能性があります。



3. 過払い金の利息請求方法




過払い利息の利率と計算方法はわかりましたが、具体的に過払い金請求するにはどのような方法を執れば良いのでしょうか。



過払い利息を請求するには、債務整理手続きの中でも通常の和解交渉では困難です。交渉段階ではほとんどの業者が過払い利息を含めた計算方法を執りませんし、過払い利息の返還にも応じません。



そこで、過払い利息を請求したい場合には、訴訟(裁判)を起こす必要があります。



裁判する場合には、ほとんど当然の様に過払い利息をつけて請求しますし、裁判所の判決においても過払い利息を含めた判断になります。



よって、過払い金請求する場合に過払い利息をつけて請求したい場合には、弁護士などに相談依頼して過払い金請求訴訟を起こしてもらう方法がおすすめです。



まとめ




  • 過払い金請求する場合には過払い利息をつけて請求出来る。
  • 過払い利息の利率は年5%であり、過払い利息の発生時期は個々の過払い金の発生時である。
  • 過払い金利息を請求する場合には、弁護士に依頼するなどして訴訟を起こす必要がある。



  • スポンサーリンク




    おすすめの関連記事




    ⇒過払い金シュミレーションで金額チェック!その後の手続きは?



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ