過払い金請求にかかる費用はどのくらい?自分ですると安い?

過払い金請求にかかる費用はどのくらい?


こんにちは、WAKAKOです。



過去に消費者金融などで借金していた場合には、過払い金請求出来ることがありますが、過払い金請求にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。



弁護士費用や司法書士費用がかかるので、自分で手続きした方が安いのではないかが気になります。



今回は、過払い金請求の費用について解説します。



スポンサーリンク






1. 過払い金請求そのものには費用はほとんどかからない




過払い金請求そのものには費用はほとんどかからない


過去に消費者金融会社のキャッシングなどを利用していた場合には、相手方業者に対して過払い金請求出来る可能性があります。



任意整理などの債務整理中に過払い金が見つかることも多いです。



しかし、過払い金請求をする場合、費用がかかることはないのでしょうか。もし高額な費用がかかるなら手続きを躊躇する人もたくさんいるはずです。



まず、過払い金請求にかかる費用としては、過払い金請求そのものにかかる費用(実費)と、弁護士などの専門家に依頼した場合にかかる弁護士費用があります。



実費とは、弁護士事務所(法律事務所)などに依頼しなくても自分で手続きした場合にもかかる費用のことです。



そして、過払い金請求において、実費はほとんどかかりません。



過払い金請求書や取引履歴の開示請求書を送る際に内容証明郵便を利用したら、その費用が数千円かかる程度です。



あとは電話や郵便のやり取りの通信費、和解契約書に貼る印紙代くらいです。



合計しても、多くても1万円~2万円程度で足りるでしょう。



このように、過払い金請求そのものにはほとんど費用はかかることはありません。



スポンサーリンク




2. 過払い金請求の弁護士費用




過払い金請求の弁護士費用が知りたい


過払い金請求する場合にかかる費用の多くの部分は弁護士費用や司法書士費用です。



過払い金請求する場合には弁護士やアヴァンス法務事務所などの法律専門家に手続きを依頼することが多いです。



そうすると、弁護士費用がかかります。



弁護士費用には着手金と成功報酬金があります。



着手金とは事件を依頼する際に当初にかかる費用のことです。通常、相手方業者1件について2万円~4万円くらいになります。



報酬金とは過払い金が回収出来た際にかかる費用のことです。過払い金回収額の15~20%くらいの計算になります。



このほかに裁判(訴訟)をした場合などには追加の着手金が必要になることがあります。



また、現在は弁護士費用が自由化されているので、もちろんこれよりも安かったり高かったりする事務所もあります。



ただ、どちらにしても過払い金を弁護士や司法書士に依頼するとそれなりに高額な費用がかかることは事実です。



そうなると、過払い金請求は自分で手続きした方が安くて良いのではないかと考える人も出てきます。



3. 費用がかかっても過払い金請求を依頼すべき?




過払い金請求を弁護士に依頼するとそれなりに高額な費用がかかります。



では、自分で手続きした方が本当に安くてメリットが大きいのでしょうか。



実はそうとは言い切れません。過払い金請求する場合には、過払い金をどれだけ回収出来るかということに注意する必要があります。



過払い金請求する場合、相手方業者と交渉しますが、その場合相手方は大きな減額を申し出てきます。



そこで、多くの過払い金を回収するには、法律的知識をもって粘り強く交渉することが必要になります。



しかし、素人が自分で対応していると、業者からうまく丸め込まれて不利な条件で和解してしまうことが多いです。



たとえば本来は100万円の過払い金請求出来る事案でも、自分で対応していると30万円に抑えられてしまうこともあります。



もし弁護士に依頼していれば、交渉によって80万円程度回収出来たかも知れないのです。



そうすると、弁護士に20%の報酬として16万円と着手金3万円の合計19万円を支払っても、依頼者の手元に61万円が返ってきます。



結局、自分で手続きした場合よりも倍以上多くの金額が手元に入ることになります。



このように、過払い金請求を自分ですると、そもそも返ってくる金額が低くなりがちだというデメリットがあります。



そこで、過払い金請求する場合には、弁護士費用を支払っても弁護士に依頼することが結局は得になります。



まとめ




  • 過払い金請求そのものの実費については、ほとんど費用がかからない。
  • 過払い金請求する場合の弁護士費用は着手金や報酬金などがそれなりにかかる。
  • 過払い金請求は、費用を払っても弁護士に依頼する方が結局は得になる。



  • スポンサーリンク




    おすすめの関連記事




    ⇒過払い金シュミレーションで金額チェック!その後の手続きは?



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ