クレジットカードも過払い金請求出来る?ショッピングは?

クレジットカードも過払い金請求出来る?


こんにちは、WAKAKOです。



過去に借金していた場合には過払い金請求出来ることがありますが、クレジットカードを利用していた場合にも過払い金は発生するのでしょうか。キャッシングとショッピングによる区別も気になります。



今回は、クレジットカード取引があった場合でも過払い金請求出来るのかについて解説します。



スポンサーリンク






1. クレジットカードで過払い金請求出来る場合




クレジットカードで過払い金請求出来る場合


過去に消費者金融などの貸金業者から借金していた場合には、過払い金請求が出来る可能性があります。



弁護士や司法書士に対応を依頼して過払い金返還請求手続きをすると、数十万円、百万円以上もの高額の返金手続きが受けられることもあります。



任意整理などの債務整理手続きをしている現状の中で過払い金が発見されることも多いです。



では、クレジットカードの取引をしていた場合にも、過払い金は発生するのでしょうか。



この点、クレジットカードを利用していたからと言って、必ずしも過払い金が発生するわけではありません。



過払い金が発生するにはいくつかの要件が必要になります。



まず、過払い金が発生するには利息制限法を超過した高利率での取引があった必要があります。



過払い金とは、そもそも利息制限法を超過した高利率での取引において支払った、支払いすぎ利息のことだからです。



そして、過払い金請求をするには、その取引が貸付であることや、支払ったお金が利息であった必要があります。



借入以外の売買などの取引や、利息ではない無関係な支払いをしても過払い金は発生しません。



そして、クレジットカードにはキャッシングとショッピングがあり、支払い方法にもリボ払いや分割払い、一括払いなどいろいろな支払い方法があります。



クレジットカードで過払い金が発生するかという問題に対する回答は、このようなクレジットカード取引の種類によって大きく異なってきます。



スポンサーリンク




2. クレジットカードショッピングは過払い金請求出来ない!




クレジットカードショッピングは過払い金請求出来ない!



クレジットカードで過払い金請求が出来るのは、どのような取引なのでしょうか。



まず、クレジットカードのキャッシングについては過払い金が発生する可能性があります。



だいたい平成20年以前頃のクレジットカードのキャッシング取引においては、利息制限法を超過した高金利での貸付が広く行われていたので、この時代にクレジットカードキャッシングを利用していた人は過払い金請求出来るケースがあります。



これに対し、クレジットカードのショッピング取引では過払い金は発生しません。



リボ払いでも分割払いでも一括払いでも同じです。



クレジットカードのショッピングは、そもそも実質年率が低く利息制限法を超えることはありません。よって、計算しても過払い金は発生しません。



また、ショッピング取引の性質は「立替金」であり「貸付金」ではありません。支払っている上乗せ費用も「利息」ではなく「手数料」とう扱いになります。



よって、この意味に置いてもクレジットカードのショッピングには過払い金請求の根拠がなく、過払い金の対象にならないのです。



3. 過払い金請求でクレジットカードが利用出来ない?




過払い金とクレジットカードの関係を考える際、相談が多いのが過払い金請求するとクレジットカードが利用出来なくなるのかという質問です。



たとえば任意整理などの債務整理手続きを利用した場合には、ブラックリスト状態になってクレジットカードの利用が出来なくなります。



ブラックリスト状態とは、個人信用情報に事故情報が記録されて、貸金業者などのローン審査に通らなくなった状態のことです。



しかし、過払い金請求しただけではブラックリスト状態になることはありません。



よって過払い金請求をしてもクレジットカードの利用は出来ます。今使っているクレジットカードを止められることもありませんし、新しいカードを発行することも可能です。



ただ、稀に過払い金請求しただけで事故情報が記録されることがあります。



この場合には、信用機関に事故情報の削除請求をすることが可能です。



まとめ




  • クレジットカードのキャッシング取引があった場合には、過払い金請求出来ることがある。
  • クレジットカードのショッピング取引では過払い金は発生しない。
  • 過払い金請求をしてもブラックリスト状態になることはなく、クレジットカードの利用は出来る。



  • スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ