自己破産したら滞納税金は免除される?支払期限を延ばすには?

自己破産したら滞納税金はどうなる?支払い期限を延ばすには?


こんにちは、WAKAKOです。



自己破産すると、すべての借金が0になりますが、滞納税金は免除されません。



滞納税金が多額な場合など、いったいどのようにして支払えば良いのでしょうか。




また、税金以外に免除されない債務はないのでしょうか。



今回、自己破産と税金ついて、詳しく解説します。



スポンサーリンク





自己破産するとすべての借金が免除される


自己破産するとすべての借金が0になる


自己破産とは、裁判所に申立をしてすべての借金の支払義務を免除してもらうための手続きです。



任意整理や個人再生などの他の債務整理手続きでは、支払が残りますので、0になる点は自己破産の大きなメリットと言えます。



しかし、どのような場合でも自己破産をして借金を免除にしてもらえるわけではありません。



借金が無くなるには、裁判所において「免責」という決定を出してもらう必要があります。



免責とは、「もう債務を支払わなくていい」という意味合いです。



そして、自己破産には、いくつか免責不許可事由があり、これらに該当すると免責が受けられないことがあります。



免責不許可事由のうちでも、有名なのが、浪費やギャンブルで借金を作った場合などです。



ただ、免責不許可事由があっても必ず免責が受けられないというわけではなく、裁判所の裁量で免責してもらえることもあります。



ギャンブルでも自己破産できる?裁量免責を獲得する方法とは?



自己破産においては、このように免責を得ることで、はじめて晴れて借金の支払い義務がなくなるのです。



自己破産したら滞納税金は免除される?答えは『支払う必要があります』


自己破産しても滞納税金は免除されない


自己破産をすると基本的にすべての借金がなくなるのですが、中には、免責を受けてもなくならない債務があります。



その代表的なものが税金です。



たとえば住民税(市民税、県民税)や所得税、固定資産税なども自己破産で免除されることはありません。




固定資産税の場合、破産管財人に資産の所有権が移れば納税義務はなくなりますが、滞納分(滞納税)は免除されません。



費用をかけて弁護士などの専門家に依頼しても結果は変わりません。



これらの、自己破産しても免責されない債務のことを「非免責債権」といいます。



さきほどの「免責不許可事由」が、そもそも免責を出すかどうかという問題であるのに対し、この非免責債権は、たとえ全体的には免責が出たとしても個別に免責されない債務の問題である点で異なります。




会社などの法人破産の場合、法人税も免責されずに残りますが、その法人の破産とともに消滅するのであまり問題になることはないでしょう。



スポンサーリンク




滞納税金の支払期限を延ばす方法とは?




このように税金の請求権は免除されないのですが、滞納税金はかなり高額になっていることもあります。



このようなとき、税務署から支払えと言われても実際問題として難しいことがよくあります。



税務署から延滞金支払の督促があった際など、どのように対処すれば良いのでしょうか。



借金してでも支払えということになるのでしょうか。



この質問に対する回答としては、まず税務署や市役所などに相談し、事情をしっかりと説明して話し合うことが大切だということになります。



自己破産をして財産がないということと、支払う意思と見込みはあるということがわかれば、税務署は支払を猶予してくれて、延滞金の分納(分割払い)に応じてくれることがほとんどです。



いったん分納の約束をしたら、きちんとそれを守って税金を支払いましょう。



この支払も滞ると、その際にはまた延滞税がついて一括請求されますし、場合によってはそのときに持っている財産等を差し押さえられる可能性もあります。給料口座を差押えられる場合もあります。 



自己破産で税金以外に免責されない債務




税金以外にも、いくつか免責されない債務(非免責債権)はあります。



代表的なものが、健康保険料や年金保険料です。



これらについても、自己破産でも免責されないので、自己破産後も市役所や年金事務所から支払の請求が続きます。



これらの支払をしないと、将来年金が受け取れなくなったりするので、きちんと市役所や年金事務所との間で話し合って、分割払いでもよいので支払っていくようにしましょう。



スポンサーリンク




まとめ


  • 自己破産で免責決定があるとすべての借金が0になる。

  • 自己破産でも税金は免責の対象にならない。

  • 滞納税金が支払えない場合は分納させてもらう。

  • 非免責債権には健康保険料や年金保険料があるが、これらについても滞納があれば分割払いで支払うべき。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ