自己破産しても借金できる?破産後の借り入れ方法とは?

自己破産後の借り入れ方法とは?


こんにちは、WAKAKOです。



自己破産すると借金の支払い義務がなくなりますが、自己破産するとブラックリストの状態になり、借金ができなくなります。



では、自己破産後は一切借入が出来なくなるのでしょうか。



自己破産でも借りれるという業者は利用しても大丈夫なのでしょうか。




今回は、自己破産と借金の問題について解説します。



スポンサーリンク





自己破産すると借金が出来なくなる


自己破産すると借金が出来なくなる


自己破産すると、基本的にすべての借金の支払い義務がなくなります。



自己破産とは、裁判所に申立をして免責決定を出してもらうことにより、すべての債務(借金)の支払義務をなくしてもらう手続きです。



ローンなどの借金が完全に0になるという点が大きなメリットであり、手続きしても月々数万円ずつの返済が残ることの多い任意整理や個人再生(個人民事再生)などの他の債務整理方法とは根本的に異なります。



ただ、この自己破産をすると、目立った財産は失うことになりますし、保証人には迷惑をかけることになりますし、一時的に資格制限があります。



回収した過払い金も財産扱いとなります。



また、自己破産後一定期間は借金したり、新たな融資が受けられなくなるというデメリットがあります。



このことを世間では俗に「ブラックリスト」とか「ブラック」ということが多いですが、実際にそのようなリストがあるわけではありません。



自己破産すると個人信用情報に事故情報が記載されて、あらゆる金融機関における融資の審査が通らなくなります。



そして、このブラックリスト状態になると、住宅ローンや消費者金融会社のキャッシング、銀行のカードローンなどのどんな融資も受けることができません。



どこの金融機関に相談しても回答は同じですし、費用をかけて弁護士や司法書士などの専門家に依頼してもやはり借り入れはできません。



新たにクレジットカードの発行をすることも不可能になってしまいます。



このように、自己破産すると基本的に金融機関からの借金はできなくなります。



このことは、自己破産のデメリットの一つと言えますし、弁護士に寄せられる相談の数もトップレベルです。



スポンサーリンク




自己破産後融資を受ける方法


自己破産後融資を受ける方法


では、自己破産後は一切借り入れが出来ないのでしょうか。



実はそんなことはありません。



信用情報に記載された事故情報は記載後約7年で消除されます。



よって、自己破産した場合であっても自己破産後約7年間が経過すれば、また新たに借り入れや融資を受けることが出来るようになります。



事故情報は、7年より早く、5年程度で消除されることもありますので、もしお急ぎの場合は自己破産後5年くらい経った時点で一度融資の審査を申し込んでみると良いでしょう。



スポンサーリンク




自己破産でも借りれる業者は利用すべきでない




では、自己破産後借り入れをしたい場合には、自己破産後約7年の期間経過を待つしかないのでしょうか。



自己破産でも借りれるという業者もあるようですが、このような業者を利用すればブラック状態でも借り入れができるのではないかとも思えます。



確かに、ブラック状態でも融資をしている業者はいます。



このこと自体は別に犯罪でも何でもありませんし、合法的な業者もあります。



債務整理中でも融資可能な金融業者は?利用しても大丈夫なの?



しかし、自己破産でも借りれるという貸金業者は、比較的高金利で取立も厳しいというデメリットがありますので、おすすめできません。



というのも、自己破産者というのは、信用状態が悪く、金融機関側にしてみればリスクの高い顧客であり、なるべくなら取引したくないはずです。



だからこそ、通常の金融機関は貸し出しをしないのです。



自己破産でも借りれるという業者は、このようなリスクの高い自己破産者に融資をするというわけですから、そのリスクをカバーする必要があります。



そのためには、どうしても高金利や厳しい取立ということにつながっていくのです。



これは、借り入れる側から見ると、大きなデメリットになりますよね。



また、せっかく自己破産をして借金が0になったというのに、このような業者から無理に借金をして、これがきっかけでまた借金生活に逆戻りしてしまったら、手続きしたことが無駄になってしまいます。



さらに、2度目の自己破産は難しいという問題もあります。



自己破産は2回目もできる?免責不許可事由の対処方法について!



よって、自己破産でも借りれるという業者の利用は絶対におすすめしません。



どうしてもお金が必要なときは、知人や友人、親族に借りるか、ブラックリストに記載されていない家族に協力してもらってまっとうな業者から借り入れをするようにしましょう。



また、特に注意したいのがギャンブルによる自己破産。1回目は大目にみられる場合が多いですが、2度目は基本的にありませんので、要注意です。



ギャンブルでも自己破産できる?裁量免責を獲得する方法とは?



スポンサーリンク




まとめ


  • 自己破産すると信用情報に事故情報が記載されて、新たに借金したり融資が受けられなくなる。

  • 自己破産してもその後約7年の期間が経過すればまた借り入れが出来る。

  • 自己破産でも借りれるという業者の利用はおすすめしない。



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ