自己破産は離婚前後でどちらが得?財産隠し判定されない対策は?

離婚が財産隠しに?


こんにちは、WAKAKOです。



借金返済に追われている場合、自己破産をして解決するのが有効ですが、自己破産をすると資産を没収されたり、配偶者との離婚のきっかけになるなどの問題もあります。



実際、自己破産は離婚前か離婚後、どちらが良いのでしょうか。



そこで今回は、自己破産と離婚の関係について解説します。



スポンサードリンク

岡田法律事務所




自己破産は離婚原因にならない


自己破産は離婚原因にならない


自己破産すると、基本的にすべての債務(借金)の返済義務が0になります。



自己破産とは、裁判所に申立をして免責決定を得ることにより、すべての債務の支払義務をなくしてもらうための手続きです。



消費者金融会社のキャッシングやローンなどの借金が完全に0になる点が大きなメリットであり、任意整理や個人再生などの他の債務整理方法では解決できない人がよく利用します。



ところで、この自己破産をすると離婚しなければならないと思っている人がときどきいます。



しかし、法律上自己破産は離婚原因にはなりません。



ご主人が自己破産したというだけで離婚することは出来ません。



逆に、自己破産したから言って離婚しなければならないということもありません。



自己破産しても配偶者や家族に請求はない


自己破産しても配偶者や家族に請求はない?


世の中には、結婚している人の場合、自分が自己破産すると妻や子供などの家族に請求が来ると思って自己破産を躊躇する場合があります。



実際に、弁護士などの専門家へ相談事例でも、『妻への請求を避けたいから自己破産前に離婚しておいた方がいいのか?』という質問もあり、この手の相談数はトップレベルです。



自己破産すると配偶者や家族に対して債権者から債務の支払の請求が来ることはあるのでしょうか。



この質問に対する回答について、そもそも家族だからと言って、破産者の債務(借金)の支払をしないといけない義務はありません。



よって、自己破産しても、債権者から家族に対し、返済の督促がなされることはありません。



ただし、配偶者が保証人(連帯保証人)になっている場合は別の問題が発生します。



連帯保証人は、債務者本人と同等の責任を負うので、債務者本人が破産した場合には、当然ながら債権者から督促を受けることになります。



ただ、これは連帯保証人としての地位にもとづく請求なので、破産者の家族であることとは関係ありません。



ご主人や奥様などの配偶者が連帯保証人になっている場合、たとえ離婚をしても配偶者への請求は避けることができませんので注意しましょう。



また、離婚して養育費を支払っている場合、離婚してもこの養育費支払い義務は免れませんので、この点にも注意が必要です。



自己破産は離婚前か離婚後どっちがおすすめ?




では、自己破産するなら離婚前か離婚後のどちらがおすすめなのでしょうか。



それぞれ何かメリットやデメリットがあるのでしょうか。



よくあるのが、マイホームなどの住宅資産や財産を守るために離婚を利用するケースです。



自己破産手続きにおいて没収されるのは、基本的に破産者本人名義の財産のみであり、配偶者の財産には及びません。



よって、自己破産前に離婚して妻などに財産分与することにより、資産を守ろうとするのです。




また、妻に対し、何百万円という高額な慰謝料を支払うこともあります。



これが本当に妻との不和があって離婚したケースであり、妻が離婚後生活していくのに必要だからという正当な理由で財産分与した場合や、正当な理由で支払われた慰謝料であれば、問題はないはずです。



しかし、実際には、自己破産前に妻に対し、高額な財産分与を行ったあとご主人が自己破産した場合などは、その財産分与が破産管財人によって否認され、効力を認められないことがあります。



とくに目立った理由もなく妻に高額な慰謝料を支払った場合も同様で、偽装離婚とみなされることもあります。



このようなことが起こると手続きも複雑になりますし、場合によっては「財産隠し」とみなされて免責の判断に影響を与える可能性があります。



このようなデメリットやリスクを考えると、自己破産直前の離婚、特に財産分与や慰謝料支払いを伴う離婚は避けた方が良いでしょう。




自己破産するなら、離婚前の方がおすすめだということになります。



ただし大前提として、『自己破産した上で、財産も確保したい』という虫の良い話はない、ということですね。



自己破産する場合、専門的な手続きが伴うため、法律事務所に手続きを依頼する事になります。



数ある事務所がある中、どこに相談していいか迷ってしまうケースがありますが、個人的には、東京ロータス法律事務所がおすすめ。



なぜなら、相談が『何度でも』無料で、初期費用がかからない上に、土日も含め全国対応してくれるため、初めてでも安心できるからです。




 東京ロータス法律事務所の詳細を見てみる



まとめ


  • 自己破産は法律上の離婚原因にはならない。

  • 自己破産しても配偶者には借金返済の請求はなされない。

  • 自己破産前に離婚して高額な財産分与をしている場合、財産分与の効果が否認される可能性もあり、自己破産は離婚前にする方が良い。





    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ