手続き内容によって異なる?自己破産にかかる期間はどのくらい?

自己破産にかかる期間はどのくらい?


こんにちは、WAKAKOです。



自己破産は借金整理のためにとても有効な方法ですが、自己破産にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。



弁護士などの専門家に依頼した方が短くなるのかや、手続きの内容によっても異なるということがあるのでしょうか。



そこで今回は、自己破産にかかる期間について解説します。



スポンサーリンク






期間が異なる!自己破産の2つの手続き




期間が異なる!自己破産の2つの手続き


自己破産は、裁判所に申立をして免責決定を出してもらうことにより、すべての借金の支払い義務を0にしてもらう手続きです。



借金が完全に0になる点が任意整理や個人再生などの他の債務整理方法と根本的に異なっており、自己破産の最大のメリットと言えます。



ただ、自己破産は、裁判所を利用する分期間が長くなるイメージがあります。



実際、自己破産にはどのくらいの期間がかかるのかについては、他人の体験談などを見てもよくわからないところです。



自己破産する際に注意したいのは、自己破産には2種類の手続きがあるということです。



具体的には、財産が無い人のための同時廃止と財産がある人のための管財事件です。



同時廃止の手続きの場合は、自己破産にかかる期間はだいたい3ヶ月程度です。


これに対し、管財事件の場合は自己破産にかかる期間は半年以上となり、ときには1年以上かかることもあります。



このように、自己破産にかかる期間は、同時廃止よりも管財事件の方がかなり長くなることを覚えておきましょう。



スポンサーリンク




期間を短くするためにも、自己破産は専門家に依頼すべき




期間を短くするためにも、自己破産は専門家に依頼すべき


自己破産の期間を考える際に、自己破産手続きを弁護士や司法書士などの専門家に依頼するかどうかが問題となってきます。



自己破産手続きを自分で申したてる場合と弁護士などに依頼する場合とで、かかる期間に差は出てくるのでしょうか。



自己破産は、裁判所を利用した手続きであり、債権者一覧表や財産目録など、用意する書類や資料などはかなり専門的で量も多くなります。



また、裁判所からの指示事項にも適切に対処する必要がありますし、過払い金があれば回収する必要もあります。



このようなことは、とても個人がノートを取って対応できるという性質のものではなく、すべて個人がしろうとで対応していると、とても効率が悪く時間がかかり過ぎてしまいます。



よって、自己破産は弁護士や司法書士、できれば弁護士に申立等の手続きを依頼するのがベストです。



弁護士は専門的な知恵も持っており、このようなトッププロに依頼することにより、無駄な時間を節約することができます。



たしかに弁護士に依頼すると、その費用等がかかって負担になりますが、手間やかかる期間などを考えると、決して高い金額ではありません。



以上のように、自己破産するときには、期間を短縮するためにも弁護士に依頼するようにしましょう。



自己破産の時効?ブラックリスト状態になる期間にも注意




自己破産の期間を考えるとき、自己破産後ブラックリスト状態になる期間についても考えておかねばなりません。



世間ではこのことを「自己破産の時効」と呼ぶことがあります。



自己破産すると、個人信用情報に事故情報が記録され、あらゆる金融機関における融資の審査が降りなくなります。



こうなると、消費者金融会社のキャッシング、銀行ローン、カードローン、住宅ローンなど各種のローンが組めなくなりますし、クレジットカードなども発行できなくなります。



この状態がブラックリストと呼ばれています。



このことは、自己破産のデメリットの一つであると言えるでしょう。



ただし、これも一生続くわけではありません。



事故情報は、記録後約7年が経過すれば消除されますので、自己破産後約7年の期間が経過すれば、また融資を受けたりクレジットカードを作ることもできるようになります。



このように、自己破産後約7年の間は、クレジットカードを作ったり新たに借入をすることはできなくなりますので、注意が必要です。



なお、冒頭で述べたとおり、この7年間の期間のことを、俗に「自己破産の時効」と呼ぶことがありますが、これは厳密には「時効」の問題ではないので、この呼び方は不正確なものとなります。



まとめ




・自己破産には同時廃止と管財事件の2種類があり、同時廃止の方がかかる期間が短い。



・自己破産は弁護士などの専門家に依頼した方がかかる期間が短くなる。



・自己破産後は借入ができなくなるブラックリスト状態になるが、その期間は約7年である。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ