借金が0になる?自己破産のメリット・デメリットを知りたい!

借金が0になる?自己破産のメリット・デメリット


こんにちは、WAKAKOです。



自己破産は、代表的な債務整理方法であり、昔から広く利用されてきた手続きです。



でも具体的にはどのような手続きなのかイメージできないことも多いですよね。



メリットデメリットも気になるところです。



そこで今回は、自己破産手続きの概要とメリットデメリットについて解説します。



スポンサーリンク






自己破産!メリットは借金が0になる?




メリットは借金が0になる?


借金問題を解決するための債務整理といえば、まずは自己破産を思い浮かべることも多いでしょう。



自己破産は、それくらいメジャーな債務整理方法の一つです。



具体的にはどのような制度なのでしょうか。



自己破産とは、裁判所に申立をして、すべての借金について支払わなくて良いという状態にしてもらう「免責」という決定をしてもらうための手続きです。



免責が降りると、破産申立時にあったすべての借金の支払いをしなくてよくなります。



借金の金額に制限はなく、どれだけ多くても0になります。



1000万円でも1億円でも10億円の借金がある状況でも免責が認められれば0になります。



これは、かなり強い効果があると言えますよね。



自己破産の何よりのメリットは、このようにいくら借金があってもすべて0になって返済しなくて良くなり、もう一度0から再生できるという点です。



このようなことは、任意整理や個人再生などの他の債務整理方法では実現することは不可能です。



自己破産のデメリット:財産を失う




自己破産のデメリット


では、自己破産には何かデメリットやリスクなどはないのでしょうか。



この点、まず、自己破産をすると所持している財産を失うというデメリットがあります。



たとえば住宅や一定以上の価値のある車、生命保険、一定以上の金額の預貯金、株券などの一切の財産はいったん手放さないといけなくなります。



過払い金も財産扱いになります。



これらの財産は、お金に換えられて債権者に配当されることとなるのです。



このように、自己破産をすると財産を失ってしまうと言うことはこの手続きのデメリットと言えます。



ただし、自己破産しても最低限の財産は持っていることが出来ます。



預貯金や保険なら20万円以下ならOKですし、現金なら99万円までOKです。



年金や生活保護などももちろん受け取れますし、月々の給料なども受け取って生活することはできます。



自分の持っている財産を手放さずに済むかどうか気になる場合は、法律事務所の弁護士に相談してみると良いでしょう。



スポンサーリンク




自己破産のデメリット:保証人に迷惑をかける




自己破産のデメリットやリスクとして次に考えられるのは、連帯保証人などの保証人がいる場合にはその方に迷惑をかけることになるということです。



自己破産すれば自分は免責決定により支払をしなくてよくなりますが、その代わり連帯保証人などの保証人に対しては、請求がなされます。



この場合、何十万円、何百万円にも及ぶ借金の一括請求がなされることになることが多く、保証人まで関連して破産しなければならなくなることもあります。



このように、自己破産をすると、自分は免責を受けられても保証人に迷惑をかけることになるので、申したてる前にきちんと話し合っておく必要があるでしょう。



デメリット:自己破産後は借り入れができなくなる




最後に、自己破産のデメリットとして、自己破産後は借り入れができなくなるという問題があります。



自己破産すると信用機関が管理する信用情報に事故情報が記録されて、融資の審査が通らなくなり、どこの金融機関に相談しても借り入れができなくなります。



カードローンもできませんし、クレジットカードも発行してもらうことはできません。



携帯電話の新機種などの分割払いによる購入もできないので、費用を一括払いする必要が出てきます。



これがいわゆるブラックリストの状態です。



ブラックリストの期間はおおむね7年程度になります。



その他、自己破産をすると官報に氏名が掲載されるなどの問題もありますが、これについては一般の人はほとんど目にすることはないのでそれほど気にする必要はないでしょう。



まとめ




・自己破産は、借金がどれだけあってもすべて0になる点がメリット。



・自己破産すると財産が持てなくなるデメリットがある。



・自己破産すると保証人に迷惑がかかる。



・自己破産すると信用情報に事故情報が記録されて借り入れができなくなる。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ