法テラスの資力要件とは?クリアする方法を知りたい!

法テラスの資力要件 クリアする方法を知りたい!


こんにちは、WAKAKOです。



債務整理や離婚などで弁護士に依頼したくても、弁護士費用は高額なので自分で用意出来ないことがあります。



このようなとき、法テラスの利用が勧められますが、そのためには資力要件が必要です。



具体的にどのような要件なのでしょうか。



今回は、法テラスの資力要件とクリア方法について解説します。



スポンサーリンク






法テラスの資力要件とは?




法テラスの資力要件とは?


ローン返済などの借金問題で悩んでいるのに弁護士費用が用意出来ない場合、法テラスの援助を利用すると良いと言われます。



法テラスとは、その正式名称を日本司法支援センターといい、国の法務省管轄の機関です。



もともと、お金のない人のための法律援助を目的として設立されました。



法テラスは、相談窓口をもうけて資力のない人に向けて弁護士や司法書士の無料法律相談を行ったり、債務整理事件などの弁護士費用や司法書士費用の立替業務を行っています。



弁護士費用や司法書士費用には着手金、実費、報酬金がありますが、これらはすべていったん法テラスから立替払いで弁護士に支払ってもらい、依頼者はその後法テラスに対して分割返済をしていくことになります。



この分割払いに利息はつきませんし、月額1万円程度の償還でかまわないので、お金がない場合にはとても助かります。



このようにメリットの多い法テラスですが、希望しても誰でも利用出来るわけではありません。



利用するには条件があり、具体的には資力要件にクリアすることが必要です。



資力要件とは、収入や財産が一定以下でなければならないという基準です。



法テラスは、もともとお金のない人のための支援制度なので、利用するには収入や資力が一定以下である必要があるのです。



法テラスを利用したい場合、この資力要件を満たすかどうかの審査があり、審査に通った人だけが法テラスで法律相談を受けたり弁護士や司法書士への費用立替払いを受けることが可能です。



なお、生活保護受給者であれば、自動的に資力基準を満たすので法テラスを利用出来ます。



スポンサーリンク




資力要件には収入要件と財産要件がある




資力要件には収入要件と財産要件がある


では、実際法テラスの資力基準はどのようになっているのでしょうか。



実は、法テラスの資力要件には、「収入」に関する要件と「財産」に関する要件の2種類があります。



収入の要件は、主に利用者(と配偶者)の「手取り収入」に関する基準であり、財産の要件は、主に利用者(と配偶者)の「財産価格」に関する基準です。



収入については、給与所得者の場合は月々の手取り給料と、毎年の賞与を12ヶ月で割った金額を足したものが一ヶ月の手取りとして評価されます。



配偶者の収入があればそれも足されます。



さらに、収入の要件については、一般基準と大都市基準があり、大都市の場合は一般より少し収入が高くても審査に通過しやすくなっています。



さらに、家賃や住宅ローンを負担している場合も、その分収入があっても審査に通過できることが可能です。



たとえば一人暮らしであれば、基本的に手取月収額が18万2千円以下でないといけませんが、大都市基準の場合は20万200円以下までOKです。



住宅ローンや家賃を負担している場合は4万1千円加算出来ますし、大都市基準では5万3千円まで加算可能です。



2人家族の場合は、基本的に手取り月収が25万1千円以下という基準ですが、大都市基準では27万6千100円以下までOK、住宅ローンや家賃支払いがあれば5万3千円まで加算可能で、大都市基準で6万8千円まで加算可能となっています。



このように、法テラスの収入の条件は家族人数が増えるごとに基準金額が上がっています。



その分生活費などにかかるので、当然といえば当然です。



次に財産の要件を見てみましょう。



財産の要件は、利用者(と配偶者)の現金預貯金や、居住用以外の不動産の有無、株式や車などの財産の時価の合計で、資力要件を判定します。



具体的には、1人暮らしの場合は総額180万円以下でなければなりませんが、2人家族の場合は250万円以下、3人家族の場合は270万円以下、4人以上の家族なら300万円となっています。



これらの資力基準については法テラスのホームページ上に表が出ていますので、見てみても良いでしょう。



必要経費がかかっていないかどうか見直す




法テラスの資力要件をクリアするにはどうしたら良いのでしょうか。



実際に資力基準があるのですから、これを超えているなら基本的にはクリアできないことになりそうです。



ただ、教育費など月々やむを得ない支出がある場合には、その金額も差し引くことが可能です。



よって、法テラスの資力要件がぎりぎりの場合には、何かしらやむを得ない支出がないかどうかを考えてみて、心当たりがあれば依頼予定の弁護士に相談してみると良いでしょう。



まとめ




・法テラスを利用するには資力要件をクリアして審査に通過する必要がある。



・法テラスの資力要件には収入に関する要件と財産に関する要件がある。



・資力要件がぎりぎりの場合、月々のやむを得ない支出がないかどうかを見直してみる。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒法テラスで償還金が免除される?生活保護で免除を受ける方法は?

⇒離婚の弁護士費用が用意出来ない!法テラスを利用出来る?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ