法テラスで償還金が免除される?生活保護で免除を受ける方法は?

法テラスの償還金 生活保護で免除を受ける方法


こんにちは、WAKAKOです。



離婚問題などで悩んでいる場合には弁護士に相談や依頼をしたいところですが、弁護士費用は高額になりがちです。



法テラスを利用した場合にも原則として償還金が必要です。



しかし生活保護の場合は償還金が免除されると言う話があります。



今回は生活保護で償還免除を受ける方法を解説します。



スポンサーリンク





法テラスでは原則として償還が必要


法テラスでは原則として償還が必要


借金問題での自己破産相談や離婚、養育費、面会交流調停など、あれこれの民事トラブルを抱えている場合、弁護士などの専門家に相談して回答をもらったり、調停手続きなどを依頼したいところです。



養育費や婚姻費用なども含めた離婚問題は女性による相談もトップレベルに多く、ネット上の弁護士ドットコムや知恵袋などでも質問やコメントがたくさんあります。



しかし弁護士費用は通常高額で、特に生活保護を受給しているような状態では到底支払えそうもありません。



こんな時、法テラスの利用がすすめられることがあります。



法テラスは、正式名称を日本司法支援センターと言い、収入や財産の少ない人に対する法律援助のための機関です。



法テラスでは、弁護士や司法書士による無料法律相談を行ったり、着手金や実費、成功報酬などの弁護士費用の立替制度である民事法律扶助業務を行っています。



法テラスによる無料法律相談を受けるためには、一定の要件を満たすことが必要です。



法テラスのサービスを利用するには、勝訴の見込みがある事件について、収入や資力についての条件(資力要件)をクリアしているかどうかの資力審査を受けて、これに通らないといけません。



そして、法テラスで立替を受けた弁護士費用については、原則的に法テラスに対して償還が必要になります。



この償還金の支払いは、だいたい月々1万円程度くらいであり、利息はつきません。



具体的な金額については、以下の記事でまとめてありますので、あわせてご確認ください。



法テラスの報酬基準は?債務整理にかかる費用以外の利点は?



法テラスでは、生活保護受給で償還免除してもらえる!


法テラスでは、生活保護受給で償還免除してもらえる!


このように、法テラスを利用した場合、立替金については基本的に分割支払いによる償還が必要です。



しかし、生活保護受給者の場合は、例外的な取り扱いがなされています。



まず、生活保護受給者の場合は、上記の資力基準審査に際し、自動的に資力基準をクリアしているとみなされます。



そして、援助決定があった後も、すぐに分割支払いによる償還は始まらず、事件解決まで償還猶予されます。



事件が解決したときにもまだ生活保護を受給している状態であれば、立替金は償還免除されます。



ただし、事件の相手方から何らかのお金が回収できた場合には、そこから法テラスに対して一括償還する必要があります。



たとえば、離婚事件などで元の配偶者から財産分与や慰謝料でまとまったお金が入ってきた場合には、そのお金から法テラスに償還する必要が出てきます。



このような回収金がない場合には、生活保護受給者の場合法テラスへの償還が免除されるので、大きなメリットがあります。



スポンサーリンク




償還開始後生活保護を受給した場合は?




法テラスにおいては、事件終了時(解決時)に生活保護を受給しているかどうかがポイントになります。



しかし、事件終了後、償還金の返済中に生活保護を受給するようになることがあります。



この場合には、償還は続けないといけないのでしょうか。



実は、事件解決後、償還金の返済中であっても、事情があってその支払いが苦しくなった場合などには償還猶予をしてもらったり、場合によっては償還免除してもらえることがあります。



生活保護受給開始した場合などはその典型例と言えるでしょう。



償還金の返済中であっても、生活保護を受給するようになれば、すぐに法テラスに連絡を入れて償還についての免除申請をしましょう。



免除申請の際、生活保護受給の証明書などが必要になりますので、役所に行って必要な書類を発行してもらって法テラスに提出します。



一定の要件を満たせば、弁護士が生活保護の申請に同行することも可能です。



このことにより、事件終了後生活保護受給者となった場合であっても、法テラスへの償還金が免除されるので、利用者にとって非常に助かります。



最後に、法テラスを利用する前に、実際に利用した人の口コミ評判をチェックすることをお勧めします。



多少費用がかかっても、民間の弁護士事務所に相談したほうが良いケースが多いからです。



なぜそうなのか、詳しくは以下の記事でまとめておりますので、あわせてチェックして見て下さい。



⇒法テラスの口コミ評判の実態は?民間法律事務所との違いを比較!



まとめ




・法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、原則的に立替金については償還が必要になる。

・事件解決時に生活保護受給者であれば、法テラスへの償還金は免除される。

・事件終了後に生活保護受給者となった場合でも、法テラスに申請すれば償還免除される。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事




⇒”政府広報オンライン(法テラスの概略説明ページ)

⇒離婚の弁護士費用が用意出来ない!法テラスを利用出来る?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ